軽トラのカスタムが熱い!! キャリイvsハイゼットがフィーバー?

ダイハツ・ハイゼット・トラック
ダイハツ・ハイゼット・トラック全 5 枚写真をすべて見る

『CARトップ』8月号
発行:交通タイムス社
定価:450円(本体409円+税)

『CARトップ』8月号巻頭でアツくなっているのはトヨタ『GR 86』だが、54ページから堂々8ページにわたってアツくなっているのが“軽トラ”=軽規格トラックのカスタムだ。スタイルの多様化が進んでおり、背景にアウトドアブームがあるという。

いまや軽トラを自社生産しているのはスズキとダイハツの2社だけで、特集はカスタムベースとなるスズキ『キャリイ』とダイハツ『ハイゼット』を比較しながら展開していく。ロングキャビンの「ハイゼット・ジャンボ」と「スーパーキャリイ」は同じロングでも個性が異なり、それぞれポテンシャルを考察する。

キャリイもハイゼットも60年の歴史はダテじゃない! 特集は軽トラカスタム実例集、最近注目上昇中の軽トラカスタム5選、カスタムベースなら中古車もアリ、中古車購入ガイド、と続く。スズキ・スーパーキャリイスズキ・スーパーキャリイ

「1989年生まれ」は新企画、過去の1年間をクローズアップするその初回。どんなクルマが出て、どんなことが起こっていたのか? 第1回は史上まれにみるほど充実していた1989年だ。この年、スポーツカーや高級車を中心に魅力あるクルマたちが登場していた。

気になる見出し……●カスタマイズも激アツ! GR86●刺激的なフェイスに大変身! スバル・フォレスター●次世代レクサス、始まる レクサスNX●ゴルフと畳は新しい方がいい!! VWゴルフ●リトルアウディ試乗3連発●自動運転レベル2/レベル3の真の実力は!?●“軽トラ”がいまアツい!●トヨタ一強時代の新車購入術●ペダル踏み間違い事故は発進時に起きている!●新企画!「1989年生まれ」『CARトップ』8月号『CARトップ』8月号

★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17F 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  3. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  4. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  5. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  6. ランボルギーニ『カウンタックLP500』、1台限りで甦る…シェイクダウン完了
  7. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. 【洗車機の謎 Vol. 1】えっ、トヨタ『WiLL-Vi』が洗車機を破壊するってホント!?
ランキングをもっと見る