ポルシェ マカンEV の室内はまるで宇宙船? コックピットを初スクープ

ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

2014年の発売以来、爆発的人気を誇るポルシェのエントリーモデル『マカン』。第一世代のマカンは2018年に改良され、今年二度目のアップデートが執行されるが、今回キャッチしたプロトタイプは、2023年に発売予定の次世代型『マカンEV』だ。

そのキャビン内には、複数のスクリーンを搭載。奇妙なのはデジタルインストルメントディスプレイで、アーチ型のスクリーンのすぐ後ろに長方形のスクリーンがみえる。手前のものはプレースホルダー(仮コンポーネント)の可能性がありそうだ。

その横には『タイカン』に似たナビゲーション、「PASM」(ポルシェ・アクティブ・スタビリティ・マネジメント」を装備するインフォテイメントディスプレイ、空調を制御するワイドタッチパネルなど、まるで宇宙船のようなレイアウトが確認できる。

そのほかでは、スリムなレジスター、ダッシュボードにはアナログ時計、円形のノブと大きな収納コンパートメントを備えた、高い位置のセンターコンソールなども見てとれる。大幅改良されるICEモデル(内燃機関モデル)とは大きくイメージを変えている。

ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

エクステリアはカモフラージュされディテールは不明だが、4LEDストリップライト、低いスタンス、クーペSUVといえる、大きく傾斜したリアウィンドウスクリーンなどが確認できる。

マカンEVには、アウディと共同開発されたVWグループの「PPE」(プレミアムプラットフォームエレクトリック)を採用、同グループのEVモデルと今後幅広く共有されることになる。仕様の詳細は明かされていないが、高出力のフラッグシップ「ターボS」を含むいくつかのバージョンで、2つのバッテリー容量が設定されると予想される。

ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

次世代マカンEVの登場は2023年と思われ、ICEモデルと併売される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)ポルシェ マカンEV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

《Spyder7編集部》

【画像】ポルシェ マカンEV の室内はまるで宇宙船? コックピットを初スクープ(13枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  5. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  6. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  7. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  8. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  9. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
  10. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る