軽自動車新車販売、ダイハツ・スズキが2割増 2021年上半期

ダイハツ・タント
ダイハツ・タント全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は7月1日、2021年上半期(1~6月)の軽自動車新車販売台数(速報)を発表。前年同期比16.7%増の94万2708台で2年ぶりのプラスとなった。

軽自動車の新車販売台数はコロナ禍の影響で2020年上半期に同20.6%減の80万8081台と大幅減。2021年上半期にやや回復を見せたものの、コロナ禍前の2019年上半期と比較すると7.4%減。完全な回復にはもう一息だ。

車種別では乗用車が同16.7%増の73万2093台で3年ぶりのプラス、貨物車は同16.7%増の21万0615台で2年ぶりのプラスとなった。貨物車のうち、ボンネットバンは同8.6%減の1万7538台で2年連続のマイナス。キャブオーバーバンは同19.7%増の9万5798台で3年ぶりのプラス、トラックは同19.7%増の9万7279台で2年ぶりのプラスとなった。

全ブランドがマイナスとなった2020年上半期から一転。2021年上半期は全ブランドがプラス。その中で、ダイハツが同23.3%増の29万7448台を販売し、15年連続のトップとなった。

スズキ・スペーシアスズキ・スペーシア

2021年上半期 軽自動車新車販売台数ブランド別ランキング

1位:ダイハツ 29万7448台(23.3%増・2年ぶり増)
2位:スズキ 28万7482台(19.3%増・2年ぶり増)
3位:ホンダ 18万1153台(11.5%増・2年ぶり増)
4位:日産 10万3798台(4.6%増・2年ぶり増)
5位:三菱 2万4432台(4.4%増・2年ぶり増)
6位:トヨタ 1万9529台(40.7%増・2年ぶり増)
7位:マツダ 1万7631台(7.5%増・4年ぶり増)
8位:スバル 1万1202台(7.7%増・4年ぶり増)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  4. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  5. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  6. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  7. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  8. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
ランキングをもっと見る