ジャガー E-PACE に初のPHV、EVモードは55km…グッドウッド2021で実車発表へ

1.5リットル3気筒ガソリンエンジンにモーターの組み合わせ

PHVシステム全体で309psのパワー

3種類の走行モードが切り替え可能

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」
ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」全 12 枚写真をすべて見る

ジャガーカーズは7月5日、英国で7月8日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、ジャガー『E-PACE』(Jaguar E-PACE)初のプラグインハイブリッド車(PHV)の実車を初公開すると発表した。

1.5リットル3気筒ガソリンエンジンにモーターの組み合わせ

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

ジャガー・ランドローバーは2020年以降、全車種へ電動パワートレインを設定する予定。EVをはじめ、PHV、ハイブリッド車(マイルドハイブリッドを含む)を投入していく計画だ。改良新型E-PACEのPHVは、この計画に沿って登場したPHVとなる。

改良新型E-PACEに設定されるPHVパワートレイン搭載車は、「P300e PHEV」グレードを名乗る。PHVシステムのエンジンは、1.5リットル直列3気筒ガソリン「インジニウム」ユニットが、最大出力200ps、最大トルク28.5kgmを発生し、前輪を駆動する。

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

この3気筒エンジンは、4気筒エンジンよりも33kg軽い。低摩擦で強力な性能と洗練さを実現し、優れた効率と燃費に貢献する。エキゾーストマニホールドはアルミ製シリンダーヘッドに組み込まれているため、ウォームアップ時間が短縮された。排気ポートからターボチャージャーのタービンホイールまでの距離も最小限に抑えられ、レスポンスを引き上げている。

PHVシステム全体で309psのパワー

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

最大出力109ps、最大トルク26.5kgmの電気モーターは、「エレクトリック・リア・アクスル・ドライブ(ERAD)」と呼ばれるリアアクスルに組み込まれ、後輪を駆動する。PHVシステム全体では309psのパワーと55.1kgmのトルクを獲得し、0~100km/h加速6.5秒、最高速216km/hの性能を発揮する。

後席の下には、蓄電容量15kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。バッテリーは84個のセルで構成されており、各12個の50Ahモジュール7個に分けられている。EVモードでは、最大55kmをゼロエミッション走行することが可能だ。ジャガーカーズによると、英国の1日当たりの平均走行距離の30.2kmを、無充電で走行できるという。

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

このEVモードの効果もあって、燃費50km/リットル、CO2排出量44g/km(WLTP計測)の優れた環境性能を可能にした。また、「ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BISG)」を搭載する。一定の速度を下回るとエンジンを停止させて、減速中のエネルギーを蓄電し、そのエネルギーを動力として活用する。

3種類の走行モードが切り替え可能

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

トランスミッションは8速AT。3気筒エンジンの出力とトルクに合わせて、エレクトリック・リア・アクスル・ドライブ(ERAD)とスムーズに連携するように設計された。

P300e PHEVグレードでは、「モード3」充電ケーブルが使用可能だ。出力7kW のAC家庭用充電ボックスや、AC公共充電ステーションに接続できる。これにより、1時間24分でバッテリーの80%の容量を充電できる。さらに、出力32kWのDC急速充電では、バッテリー容量の80%を、およそ30分で充電することが可能だ。

ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」ジャガー E-PACE 改良新型のPHV「P300e PHEV」

走行モードは、EVモード、「ハイブリッドモード」、「アテインモード」の3種類から選択できる。「ハイブリッドモード」は、状況に合わせて最適なパフォーマンスと効率的なドライビングができるよう、エンジンとモーターを自動的に切り替えて走行する。バッテリー残量が0%と表示されている場合でも、車両が全輪駆動を必要とする場合に備えて、約20%の電力を残す設定とした。「アテインモード」では、エンジンを主動力源として使用し、バッテリー残量85%を維持、または85%となるよう充電する。112km/hで走行した場合、約90分間でバッテリー残量は85%に到達する、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  3. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  4. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  5. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  6. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  7. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  8. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
ランキングをもっと見る