ポールスターが世界18市場に進出へ、販売店も倍増…2021年末までに

ポールスターの新コンセプト販売店「Destinations」のイメージ
ポールスターの新コンセプト販売店「Destinations」のイメージ全 3 枚写真をすべて見る

ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーのポールスター(Polestar)は7月26日、2021年末までに現在の2倍となる世界18市場に進出し、全世界の販売店の拠点数も2倍に増やすと発表した。

ポールスターの市販車第1弾は、高性能プラグインハイブリッド(PHV)クーペの『ポールスター1』だった。市販車第2弾の『ポールスター2』は、ポールスター初のピュアEVで、テスラ『モデル3』などと競合するミッドサイズEVスポーツセダンだ。

ポールスターの市販車第3弾となるのが、『ポールスター3』。現在、ブランド初の電動SUVとして開発が進められている。ボルボカーズから供給される車台は、完全な電動化のためにゼロから設計された新世代のEVアーキテクチャになるという。

ポールスターは2021年末までに、現在の2倍となる世界18市場に進出し、全世界の販売店の拠点数も2倍に増やす。これにより、全世界の販売店の拠点数は、100か所に拡大する見通しだ。

ポールスター・スペースポールスター・スペース

同時にポールスターは、新車購入後のサービスとメンテナンス拠点も拡大する。現在、全世界およそ650か所のサービスポイントを、2021年末までにおよそ780か所に拡大することを目指す、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  4. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  5. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  6. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  7. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  8. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  9. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  10. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
ランキングをもっと見る