4台に1台がタイヤ整備不良、表面損傷や残溝不足にも注意を---ダンロップ

タイヤ点検の様子
タイヤ点検の様子全 2 枚写真をすべて見る

住友ゴム工業は、4月8日から5月31日に「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を実施。点検の結果、パンクの原因となる「表面の損傷」をはじめとする整備不良が4台に1台の割合(25.0%)で確認された。

住友ゴムでは、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、空気圧、表面の損傷などの点検を行う「ダンロップ 全国タイヤ安全点検」を2008年から継続して行っている。今回はダンロップ直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)にて合計4260台のタイヤを点検した。

その結果、タイヤの整備不良率は25.0%。不良別では路上の障害物や縁石との接触などによって生じる表面の損傷が13.2%、残溝不足が12.0%、空気圧の過不足が11.6%、偏摩耗が2.3%、釘・異物踏みが0.1%と続いた。(各不良率は重複を含む)。例年は空気圧の過不足が最も多い整備不良となっていたが、今回は表面の損傷が多かったようだ。

同社では、ドライバーの安全・安心な走行をサポートすべく「DUNLOP安全・安心への取り組み特設サイト」を開設。同サイトでは、ドライバー自身でタイヤ点検を行えるよう、かんたんチェックシートや点検ポイントを写真やイラストを使って分かりやすく紹介している。

かんたんチェックシートかんたんチェックシート

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  2. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  3. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  4. 不具合指摘が多いカテゴリーは「運転支援」…自動車初期品質調査 JDパワー
  5. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  6. シボレー インパラ、3度目の復活はEVで!? 可能性を探る
  7. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  8. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  9. トリノにフィアット「チンクエチェントの家」オープン、巨大屋上庭園も…元工場再開発
  10. 今ならもっと売れたかも? RVブームに登場したコンパクトカー6選【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る