JR東日本が9月30日限りで高額オレンジカードを廃止

JR東日本で払戻しの対象となるオレンジカードは、オレンジの枠内の記載があるものに限られる。JR他社や国鉄が発売したものは対象外。また、払い戻されたカードは回収される。
JR東日本で払戻しの対象となるオレンジカードは、オレンジの枠内の記載があるものに限られる。JR他社や国鉄が発売したものは対象外。また、払い戻されたカードは回収される。全 1 枚写真をすべて見る

JR東日本は7月29日、同社が発売した高額オレンジカードを9月30日限りで廃止すると発表した。

オレンジカードは、自動券売機での切符購入に利用できるプリペイドカードとして国鉄時代の1985年3月に発売が開始され、500・1000・3000円の低額カードと、5000円、1万円の高額カードが設定された。

1987年4月の国鉄分割民営化時にJR旅客6社へ引き継がれ、一時は鉄道車両やタレントなどを使った様々な絵柄が登場したことからコレクション的な需要が高まったほか、企業の販促や贈答などにも盛んに利用されたこともあり、ピーク時はJR東日本だけで300億円を超す売上があったという。

しかし、2000年代に入るとSuicaなどの交通系ICカードが急速に普及したこともあり需要が低下し、JR旅客6社は2013年3月31日を最後に販売を終了、以後は発売済のカードを利用できるのみとなっていた。高額カードは偽造の温床になっていたためそれより早く1997年3月に販売を終了していた。1998年1月には利用も停止されており、以後は低額カードとの交換が行なわれているが、これも終了する。

JR東日本では今回の廃止により、『5,000(5,300)』や 『10,000(10,700)』、『JR東日本』や『東日本旅客鉄道株式会社』の記載がある高額オレンジカードの残額を10月1日から2023年3月31日まで現金で払い戻すとしており、駅の「みどりの窓口」で対応するが、残額が5万円以上ある場合は郵送での対応となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る