スズキ ジムニー 5ドア仕様、日本でも発売か!? ハイブリッド化で2022年登場の可能性

スズキ ジムニー 5ドア仕様が日本でも発売!? 写真は予想CG
スズキ ジムニー 5ドア仕様が日本でも発売!? 写真は予想CG全 13 枚写真をすべて見る

2018年の発売以来、絶大な人気を誇っているスズキの本格クロカン軽自動車『ジムニー』。これまでたびたび、5ドアのロングバージョンが登場するという情報を掴んできたが、この新モデルが日本市場で発売される可能性が高いことがスクープサイト「Spyder7」の調べでわかった。

5ドア仕様は、海外版ジムニー、日本でいう『ジムニーシエラ』をベースに開発される。全長はシエラより300mm延長され3850mmに、全幅は変更なく1645mmをキープ。ホイールベースは2250mmから2550mmに伸びることが予想されている。全高、及び最低地上高に変化はなさそうだ。

スズキ ジムニー  5ドア仕様のプロトタイプスズキ ジムニー 5ドア仕様のプロトタイプ写真をすべて見る
これまでスクープ撮影したプロトタイプ車両からは、そのアウトラインは確認できたもののディティールまでは見えていない。そこで今回、Spyder7が独自にそのエクステリアを予想してみた。

フロントグリルを横3本のメッキラインに変更し、より上品さをアピール。バンパーデザインもより立体的なデザインに変更、それに合わせた迫力あるアンダーガードが装着される可能性もある。仕上げはロングボディに合わせた、ワイド感あふれるウレタンタイヤハウスガードも予想される。

パワートレインは1.5リットル直列4気筒ガソリンのほか、1.4リットル直列4気筒ターボ+電気モーターのハイブリッドも有力も有力で、最高出力は150ps程度が期待できそうだ。

安全装備では同社の「Safety Support」の最新バージョンを搭載、「デュアルセンサーブレーキサポート」、「デュアルカメラブレーキサポート」、「レーダーブレーキサポート」など約20の最新装備でロングボディをしっかりと守ってくれる。

ジムニー5ドア仕様の発売は、早ければ2022年初頭、遅ければ2022年夏から秋になると予想される。人気になること間違いなしの新モデル。日本の登場が待ち遠しい。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】スズキ ジムニー 5ドア仕様、日本でも発売か!? ハイブリッド化で2022年登場の可能性(13枚)
スズキ ジムニーの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  3. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  4. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  7. エアコンや視界を遮らない、コンソール専用ドリンクホルダー発売 まずはカローラ/RAV4用
  8. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  9. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  10. メルセデスAMG G63の型式指定でミス…性能悪化などの問題はなし
ランキングをもっと見る