BMW 5シリーズ 次期型、コックピットは「iX」風? 航続400kmのEVも

BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 27 枚

BMWのプレミアム・ミドルサイズセダン、『5シリーズ』次期型の最新プロトタイプ2台をカメラが捉えた。

自動車業界は現在、「IAAモビリティ2021」で盛り上がっているが、今回のキャッチした最新プロトタイプはその会場のあるミュンヘンで撮影された。2台の開発車両のうち1台のドア、リアバンパーには「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーが貼られており、PHEVと思われる。もう1台は内燃機関だろう。

窓越しから内部を捉えた写真はわずかにコックピットをとらえており、『iX』に倣った最新のものが搭載されている可能性が高い。12.3インチのドライバーディスプレイと、14.9インチのデュアルスクリーンセットアップが採用されている可能性がありそうだ。

BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
次期型のパワートレインは、内燃機関、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックパワートレインをラインアップ。

EVバージョンとなる「i5」(仮称)では、「iX xDriv40」と仕様の一部を共有するとみられる。リアに電気モーター、オプションでフロント車軸にもう1つを搭載し、合計で300hpを発揮。0-100km/h加速は6秒のパフォーマンスが予想される。また70kWhバッテリーパックを搭載し、1回の充電による後続は400km以上となるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  5. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  6. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  7. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る