【日産 GT-R 2022年モデル】GT軸とR軸、その真ん中…では特別仕様の「T」は?

GT-R Premium edition T-spec
GT-R Premium edition T-spec全 24 枚写真をすべて見る

日産は9月14日、オンライン発表会を開催し、『GT-R』2022年モデル及び特別仕様車「GT-R Premium edition T-spec」、「GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」を発表した。

発表会の壇上には特別仕様車であるT-specモデル2台の実車が並べられ、商品企画本部 チーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志氏が登壇。GT-Rのコンセプトを「究極のドライビングプレジャーの追求である」と改めて強調し、「これはR33 GT-Rからずっと追求してきたコンセプトだ。図にすると、縦軸がGT(グランツーリスモ)=アウトバーンなどで300km/hで走行していても隣の方と会話をできてしまうような立ち居振る舞い。横軸がR(レーシングフィールド)=ニスモや我々のテクノロジー、パフォーマンスを表現していく場。それらの真ん中にあるのがGT-Rで、クルマを運転していると楽しくなる感覚を追求した存在」と説明した。

また、特別仕様車の「T-spec」というネーミングについても、以前日産ではアルファベット2文字で開発コードを表していた経緯があることを説明。R35の開発コードが、GT-Rの在り方や、その時代を牽引するクルマであり続けるという願いを表現した「Trend Maker」と、「しっかりと地面を捉え駆動する車両」という開発におけるハードウェアへの考えを表した「Traction Master」の頭文字を取った「TM」だったことから、最初はTM-specにしようと考えていたとした上で、その全ての頭文字をとった「T-spec」としたことが明かされた。

さらに発表会後半には、製品開発部 チーフ・ビークル・エンジニアの川口隆志氏、グローバルデザイン本部アドバンスドデザイン部 担当部長 山口 勉氏も登場。2台のT-specモデルの最大の特徴であるというボディカラーの新色「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」へのこだわりについても言及した。

GT-R Premium edition T-specGT-R Premium edition T-spec

今回T-specに採用された2色は、第2世代GT-Rと呼ばれるR33、R34GT-Rに採用されたカラーリングのオマージュ色であるという。そして、当時そのオリジナルカラーを作ったのが、山口氏なのだ。

そして、山口氏は当時のカラー開発について、「ミッドナイトパープルは、R33 GT-Rの専用色として企画されました。GT-Rというクルマは憧れられて、他から真似されるような存在でなくてはならないと考えていた」と振り返り、当時としてはタブーだとされていた「紫」にチャレンジしたと説明。

GT-R Track edition engineered by NISMO T-specGT-R Track edition engineered by NISMO T-spec

そんな新色をボディカラーに採用することについて川口氏は、その難しさを次のように説明する。「当然ながらボディの色というのは、時間が経っても色あせてはダメなんです。色が剥がれても絶対にダメ。そのため、新しい色を開発する際は、非常に時間をかけたあらゆるテストをします。本当に剥がれないか、天候によって色褪せたりしないか。そんな地道な試験をずっと繰り返します。そういった試験を乗り越えないと、色の開発はできません」

厳しい条件を乗り越えて、ミッドナイトパープルを再び採用した理由について山口氏は、「このT-spec 22年モデルを開発するにあたり、田村からのリクエストが2つあり、それがGT方向の色とR方向の色でした。そのR方向の色として開発されたのが、ミッドナイトパープルだったんです」と述べている。

GT-R 2022年モデルGT-R 2022年モデル

一方の「ミレニアムジェイド」についても、「R34のファイナルエディションが企画された時に、M-spaceという乗り心地重視のモデルも企画されていて、当時、その高品質な乗り心地に合った大人の色を作ってくれと言われました。行きついたのが、このグレイッシュグリーンの色域です」(山口氏)と説明した。

GT-R 2022年モデルの価格(消費税込)は、Pure editionが1082万8400円、Black editionが1277万2100円、Premium editionが1232万9900円、Track edition engineered by NISMOが1463万6600円、Premium edition T-specが1590万4900円、Track edition engineered by NISMO T-specが1788万1600円。10月下旬の発売が予定されている。

GT-R 2022年モデルGT-R 2022年モデル

なお、「T-spec」は、両モデルあわせて100台限定(予定)の抽選販売となり、抽選の申込期間は、2021年9月15日から9月29日までとなっている。

《先川知香》

【画像】【日産 GT-R 2022年モデル】GT軸とR軸、その真ん中…では特別仕様の「T」は?(24枚)
日産 GT-Rの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  3. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  6. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  7. 「TOYOTA Wallet → 6gram」が利用停止、高還元の定番ルート 9月26日限り
  8. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. 007新作バイクスタントを記念…トライアンフが『ボンド・エディション』を発表
ランキングをもっと見る