日産、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」締結…自動車産業初

小泉進次郎環境大臣(左)と日産自動車の星野朝子副社長(右)
小泉進次郎環境大臣(左)と日産自動車の星野朝子副社長(右)全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は9月14日、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結した。自動車関連企業が環境省と本パートナーシップを締結するのは初めてとなる。

国立公園オフィシャルパートナーシップは、環境省と企業・団体が相互に協力し、国立公園の魅力を発信するとともに、国立公園利用者の拡大を図ることで、人々の環境保全への理解を深めるとともに、地域の活性化につなげる取り組み。日産自動車は、電気自動車(EV)を活用した国立公園の利用促進を図る。具体的には、EVを活用したエコツーリズムの企画および実施、SNS等での情報発信、EV利用による観光施設等利用の優遇特典のとりまとめなどを行う。

小泉進次郎環境大臣出席のもと、同日執り行われたオンライン締結式には、日産自動車の星野朝子副社長も参加。8回目を迎えた締結式には、パートナー7企業・団体が参加し、今回をもって日産自動車を含む全112の企業、団体がオフィシャルパートナーとなっている。

日産自動車は、2018年5月より、EVの普及を通じて、環境、防災、エネルギーマネジメント、観光、過疎などの地域課題解決を目指す、日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を推進している。今回のパートナーシップはブルー・スイッチ活動の一環として、EVを観光に活用し国立公園の魅力を発信する上で、国立公園を管理する環境省と相互に協力しあうことを目的に締結。日産のブルー・スイッチ活動としては、141件目の取り組みとなる。

国立公園オフィシャルパートナーシップ オンライン締結式国立公園オフィシャルパートナーシップ オンライン締結式

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  7. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  8. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
ランキングをもっと見る