【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎

BMW アルピナ B3 リムジン
BMW アルピナ B3 リムジン全 18 枚写真をすべて見る

一般的にアルピナは、BMWをベースにチューニングを施したクルマとされるが、内容は熟成されている。アルピナの考え方によると、BMWは素材を提供するサプライヤー(下請メーカー)に位置付けられる。アルピナはBMWを仕入れ、手を加えて完成させるわけだ。

試乗したアルピナ『B3』は、BMW『3シリーズ』をベースに開発された。エンジンは直列6気筒3リットルだが、ツインターボの装着により、最高出力は462馬力(5500~7000回転)、最大トルクは71.4kg-m(2500~4500回転)に達する。高速道路では、V型8気筒5リットルエンジンに匹敵する加速を見せた。4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発だ。

BMW アルピナ B3 リムジンBMW アルピナ B3 リムジン写真をすべて見る
駆動方式は4WDだが、カーブを曲がる時の挙動は後輪駆動の2WDに近い。峠道を走っても、旋回軌跡を拡大させにくく、なおかつ4WDの効果で駆動力の伝達効率も高い。ベース車の駆動力配分は、前輪が30%で後輪は70%だが、アルピナB3は20%:80%にして、後輪駆動に近付けた。

このようにアルピナB3は、BMWが備える走りのバランスを変えず、動力性能と走行安定性を向上させている。ドライバーを楽しませる遊びの要素はあまり感じられず、乗り心地を損なわずに安定性を高めることを最優先させていた。

BMW アルピナ B3 リムジンBMW アルピナ B3 リムジン写真をすべて見る

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★

渡辺陽一郎|カーライフ・ジャーナリスト
1961年に生まれ、1985年に自動車雑誌を扱う出版社に入社。編集者として購入ガイド誌、4WD誌、キャンピングカー誌などを手掛け、10年ほど編集長を務めた後、2001年にフリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向した。「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けている。

《渡辺陽一郎》

【画像】【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎(18枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. カワサキ・メグロK3…ブランド復活、価格は132万円[詳細写真19点]
  2. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  3. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  4. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  5. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
  6. 戦闘機型バイクも登場! ホットウィール レジェンドツアーが日本初開催…スタンスネイションジャパン2021愛知
  7. 【MINI クーパー 新型試乗】最後のピュアエンジン・ミニかもしれない…諸星陽一
  8. 「道の駅」を長距離物流の中継拠点に---ヤマト運輸が実証実験へ
  9. カングー のルーツ、ルノー『4』が移動スイートホテルに…デビュー60周年
  10. BMW『i4』、4ドアグランクーペEV量産開始…航続は最大590km
ランキングをもっと見る