不具合指摘が多いカテゴリーは「運転支援」…自動車初期品質調査 JDパワー

2021年 日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング
2021年 日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング全 2 枚写真をすべて見る

J.D.パワージャパンは、2021年日本自動車初期品質調査の結果を発表。不具合指摘が最も多かったのは「運転支援」であることがあきらかになった。

調査は新車購入後2~13か月経過したユーザーを対象とし、所有する自動車の不具合経験を9カテゴリー221項目について聴取し、自動車の初期品質に関するユーザー評価を明らかにする。今年で11回目の実施。カテゴリーは「外装」、「走行性能」、「装備品/コントロール/ディスプレイ(FCD)」、「運転支援」、「インフォテインメント」、「シート」、「空調」、「内装」、「パワートレイン」の9つ。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

調査結果によると、2021年の総合不具合指摘件数は業界平均で137PP100。業界平均を下回る不具合指摘数となったのはランキング対象14ブランド中5ブランドだった。最も不具合指摘が少なかったのはレクサス(111PP100)。マスマーケットブランドではダイハツ(120PP100)の不具合指摘数が最も少なかった。

9カテゴリーの中で不具合指摘が最も多かったのは「運転支援(23.6PP100)」、次いで「インフォテインメント(23.4PP100)」だった。「運転支援」カテゴリーの不具合項目である「車線逸脱ワーニング/レーンキープアシスト - 警告がわずらわしい(6.3PP100)」は、全221項目の中で最も不具合指摘が多い項目だった。「インフォテインメント」の不具合指摘は、輸入ブランドが国内ブランドを上回った。年代別では39歳以下層で28.4PP100、60歳以上層で19.3PP100。若い年代ほど不具合指摘が多く、「運転支援」についても同様の傾向がみられた。

2021年 日本自動車初期品質調査 セグメント別ランキング2021年 日本自動車初期品質調査 セグメント別ランキング

ブランド別ランキングは、レクサスが111PP100で8年ぶりの総合トップ。2位はダイハツ(120PP100)でマスマーケットブランドトップ、3位は日産(124PP100)、4位ホンダ(127PP100)、5位スズキ(134PP100)となっている。

車両セグメント別モデルランキングトップはは、軽ハイトワゴンがダイハツ『キャスト』、軽スーパーハイトワゴンがダイハツ『ムーヴキャンバス』。コンパクトはトヨタ『パッソ』、コンパクトSUVは日産『キックス』。ミッドサイズはトヨタ『プリウス』、ミッドサイズSUVはスバル『XV』。コンパクトミニバンはスズキ『ソリオ』、ミニバンはトヨタ『ノア』だった。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  4. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  5. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  6. 【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人
  7. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. カワサキ・メグロK3…復活のブランド、絶対的な価値観[写真24点]
  10. 20代女子がトーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で峠道をゴン攻め、ソロキャンでゴツかわいさと違いを実感!PR
ランキングをもっと見る