Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ

カワサキ Z650RS(キャンディエメラルドグリーン)
カワサキ Z650RS(キャンディエメラルドグリーン)全 10 枚写真をすべて見る

川崎重工は9月28日、新型レトロスポーツ『Z650RS』を2021年秋より導入国で順次発売を開始すると発表した。

Z650RSは、『Z900RS』『Z900RSカフェ』に続く、新たなレトロスポーツモデル。レトロスポーツをカジュアルに楽しめるよう、コンパクトな車体パッケージと普遍的な美しさに現代的な要素も取り入れたレトロモダンデザインを採用している。

パワーユニットは日常での扱いやすさを高めた649cc水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する。低中速回転域におけるスムーズな出力特性と豊かなトルク、スムーズで軽快なスロットルレスポンス、優れた燃費性能を実現。軽量でスリムなトレリスフレームと、自然で軽快な乗り心地を追求したサスペンションセッティングの組み合わせにより、レトロスポーツモデルにマッチするバランスの良いハンドリングとしている。

ワイドでフラットなハンドルバーは高めに配置し、アップライトなライディングポジションを実現する。また、先端を絞ったシート形状や、ステップの位置を最適化することで、足元のゆとりも確保。自然で快適なライディングポジションが、幅広いライダーに扱いやすさと高いコントロール性を提供する。スリムな車体と低く抑えたシート高による足つき性も良好。軽い車重が取り回しの良さを高めている。

カワサキ Z650RS(キャンディエメラルドグリーン)カワサキ Z650RS(キャンディエメラルドグリーン)写真をすべて見るスタイリングでは、スリムなフューエルタンクデザインによりコンパクトな車体パッケージを実現している。テールセクションは水平方向を強調したデザインとし、レトロスポーツモデルのイメージを強調。また、Z900RSよりも短いテールセクション、コンパクトなシートなどにより、軽快でカジュアルなスタイリングに仕上げている。

ヘッドライトは、レトロとモダンが融合したデザインの丸型LEDを採用する。本体は2室に分かれ、両方にポジションランプを装備することでレトロなバルブ(電球)式ヘッドライト同様、ライト全体が点灯しているような光り方となる。また厚みのあるヘッドライトリングにはグルービング(溝加工)を加え、現代的な雰囲気を加味している。

Z900RSのデザインを踏襲したスポークスタイルのキャストホイールは、軽量化とスタイリッシュさを高い次元で両立し、レトロスポーツモデルにふさわしいデザイン性とハンドリング性能を向上させている。メーターユニットには、アナログ式のスピードメーターとタコメーターに加え、中央に多機能型液晶インストゥルメントパネルを装備。レトロな外観と現代的な機能を両立している。

カラーはメタリックスパークブラック、キャンディエメラルドグリーン、メタリックムーンダストグレー/エボニーの3色を設定。2021年秋より欧州、米国、日本などで順次発売する。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ(10枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  3. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  4. ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は
  5. 街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]
  6. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  7. VW『ID.5 GTX』、EV初のSUVクーペ…市販版は11月3日発表へ
  8. 中国、経済成長に急ブレーキ…ソニーは広告法違反で1800万円罰金[新聞ウォッチ]
  9. トヨタがクッションを発売! 後付け用品で高齢者による踏み間違い事故削減へ
  10. 東京モーターショー2021は史上最高のイベントになっていた?…出品車予想がすごい
ランキングをもっと見る