ローカル5Gを活用して建設車両を遠隔操縦

システム概要
システム概要全 5 枚写真をすべて見る

西松建設は、国内で初となる、トンネル坑内でローカル5Gを使用したホイールローダの遠隔操縦を試行した。10月8日に発表した。今回の試行を足掛かりにトンネル工事の無人施工の実現に向けて取り組みを加速する。

同社はカナモト、浅草ギ研、ジオマシンエンジニアリングと共同で山岳トンネル掘削時のずり運搬に使用されるホイールローダをローカル5G通信を使って遠隔操縦するシステムを開発した。ローカル5Gを使用するホイールローダ遠隔操作システムは遠隔操作システム、映像・制御信号通信システム、安全走行管理システムで構成する。

システムの試行は国道5号仁木町外・新稲穂トンネル工事で、ホイールローダによる坑内走行、掘削ずりの運搬やクラッシャーへの投入といった実施工と同様の作業を遠隔操作で実施した。

実証実験の結果、運転操作に大きく影響するような映像伝送遅延や通信上の不具合は発生せず、狭隘な坑内でも有人運転に近い時速20km/h程度の高速走行や掘削ずりの積み込み、クラッシャー投入時の微妙なバケット操作を遠隔で実施することができたとしている。

遠隔操作システム(遠隔運転制御装置)遠隔操作システム(遠隔運転制御装置)

開発したシステムは今後、現場試行を継続しながら改良してシステムの早期実用化を目指す。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  2. アウディ RS3スポーツバック&セダン 新型を日本発表…コンパクトパフォーマンス、価格は799万円から
  3. アウディ RS3 新型を日本発表…導入記念限定モデル「1st edition」をオンライン販売
  4. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】『R7』を名乗る葛藤と決意「新しい時代のスーパースポーツです」
  5. ジムニー専用ハイマウントリアカメラキット発売…ウォッシャーノズルと一体化
  6. スズキのコンパクトSUV、『Sクロス』登場…SX4 Sクロス 後継[詳細写真]
  7. アウディ RS3 新型をSUPER GT会場で発表---4年ぶりフルモデルチェンジ
  8. 重要文化財の門司港駅からクラシックカーラリーがスタート
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】ゴキゲンな走りに笑いが止まらない!?…桂伸一
  10. BMW、新型 M2 や M4 クーペ の高性能版を計画…2022年
ランキングをもっと見る