これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021

ジムキャリィ
ジムキャリィ全 7 枚

「ニコイチ」とは2台の事故車のぶつかってないところをつなぎ合わせて1台のクルマにすることだが、アソモビ2021で発見したT-STYLEのニコイチはちょっと違う。これはいいニコイチだ。

『ジムキャリィ』はスズキ『キャリイ』のフロントグリル・バンパーの部分に、同じくスズキ『ジムニー』の部品を移植したコンプリートカー。『ジムリィ』は同じようにジムニーと『エブリイ』を合体させた。どちらもアウトドア、キャンプのための架装がされている。もちろんどちらも新車ベースのコンプリートカーだ。

ジムキャリィは後ろが荷台なので、車中泊はできないが、テントを含む大型キャンプ機材、各種アウトドアグッズを積むことができる。バギーなどのキャリアカーとして使うこともできる。ベースはキャリイ、スーパーキャリイのどちらも好きなモデル・グレードを選べる。コンプリートキットの内容は、ジムニー用純正グリル、灯火類、インチアップホイール・タイヤ、純正ショックの加工、塗装が含まれる。キットだけの購入(22万8000円:グリルサポートとバンパーの未塗装品)も可能だが、一式価格が120万から170万円前後(スーパーキャリーX 4WD 5AGSで177万2300円)となっている。

ジムリィは、エブリイワゴン、エブリイバンをベースに同様なフロント部分の加工キットによるコンプリートカーだ。コンプリート価格は130万~230万円。これだけで購入することも可能だが、希望すればキャンピングカーとしてのさまざまな架装ができる。ベッドボードキットや収納ボックスキットの他、ルーフテントなどの装着も可能だ。

アソモビ2021:ジムキャリィとジムリィアソモビ2021:ジムキャリィとジムリィ

EV-LANDのブースには、『トゥイジー』(のようなクルマ)、トゥクトゥク、『トリシティ』(のようなバイク)の3種類が展示されていた。これらはすべて3輪でありEV……

《中尾真二》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  4. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  5. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  6. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  7. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  8. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
  9. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  10. 伊藤かずえの『シーマ』レストア完了…12月7日YouTube生配信で完成車を披露
ランキングをもっと見る