観光バス? キャンピングカー? いえモーターホームです…アソモビ2021

アソモビ2021:キャンピングカーではなくモーターホーム
アソモビ2021:キャンピングカーではなくモーターホーム全 9 枚

アソモビ会場で巨大な観光バスのようなクルマを発見した。海外にはトラックやバスをベースとした大型キャンピングカーがあるが、これもその一種かと思って聞いてみた。

熊本県のWOT’Sという会社が持ち込んでいたのは「TIFFIN ALLEGROシリーズ」という大型バスのような車両。全長9.9メートル。全幅2.49メートル。高さ3.56メートル。完全に大型バスサイズだが、全長10メートル、全幅2.5メートルの大型バスではないという。そのため中型免許で運転ができるモーターハウスだ。中型免許は、昭和や平成の早い段階までに普通免許を取得していれば自動的に付与される区分でもある。エンジンは日産『タイタン』に搭載されるカミンズISV 5Lエンジンだ。

TIFFINというアメリカのモーターハウスメーカーの車両だ。クイーンサイズのベッドが横向きに入るベッドルーム、クローゼット、広いリビングダイニングキッチン。それにシャワーブースつきのバスルーム。電子レンジ、大型テレビ3台。大型冷蔵庫や洗濯機が完備されている。とにかくサイズが大きいので、リビングもソファとテーブルでいっぱいということはなく部屋としての一定の広さを持っている。天井も高いので180cm以上の身長でも頭がつかえるようなことはない。

老後は夫婦でキャンピングカーで好きなところを移動しながら、という夢を抱いている人がいるが、どうせならキャンピングカーといわず、モーターハウスで家ごと移動するのはどうだろうか。

アソモビ2021:キャンピングカーではなくモーターホームアソモビ2021:キャンピングカーではなくモーターホーム

意外と盲点なのはペットといっしょにキャンピングカーでおでかけしたいときだ。自分でキャンピングカーを所有していればまったく問題ないが、レンタルする場合、ペット禁止……

《中尾真二》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. EV補助金引き上げで最大80万円引き…土曜ニュースランキング
  2. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  3. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  4. 【ボルボ XC60 新型試乗】Google搭載で変わるボルボ、走りは熟成の極み…島崎七生人
  5. 【ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID】クラス最廉価のハイブリッドSUV[詳細画像]
  6. 人気の“原二”125ccから250ccまで網羅!ヤマハのスクーター4車種、イッキ乗り比較してみました
  7. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  8. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  9. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  10. インフィニティ『QX60』新型、3列シートSUV…米国で納車開始
ランキングをもっと見る