ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ

ニュルでは718ケイマンGT4のタイムを23.6秒短縮

「ポルシェ史上最もシャープな1台」

ベース車両の718ケイマンGT4は420psのフラット6搭載

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ
ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ全 11 枚

ポルシェは10月20日、『718ケイマンGT4 RS』(Porsche 718 Cayman GT4 RS)を、11月にワールドプレミアすると発表した。同時に、開発プロトタイプ車両の写真を公開している。

ニュルでは718ケイマンGT4のタイムを23.6秒短縮

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ

718ケイマンGT4 RSは、『718ケイマンGT4』をベースにさらなるパフォーマンスを追求した「718」ファミリーの頂点に立つモデルだ。現在、開発テストの最終段階にある。もともと、ポルシェの「RS」とは、ドイツ語でレーシング・スポーツを意味する「Renn Sport(レン・シュポルト)」の頭文字に由来する。「718」ファミリーにRSが設定されるのは、今回が初めてとなる。

開発テストは、ワインディングロードとサーキットの両方で行われている。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでは、ポルシェのブランドアンバサダー兼開発ドライバーのヨルグ・ベルグマイスター氏が、タイムアタックを行った。同氏は、718ケイマンGT4 RSの開発ドライバーとして、500時間以上走行している。

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ

ベルグマイスター氏は、1周20.832 kmのドイツ・ニュルブルクリンク北コースを、車体に軽い偽装を施したプロトタイプ車両を操り、7分09秒300のタイムで周回した。また、以前の計測で用いられていた1周20.6kmを、7分04秒511のタイムで駆け抜けた。これは、718ケイマンGT4に対して、23.6秒速いという。

「ポルシェ史上最もシャープな1台」

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ

ドライバーを保護するために、718ケイマンGT4 RSのプロトタイプ車両には、レーシングシートが装備されていた。タイヤはミシュラン「パイロットスポーツカップ2R」で、オプション設定される予定だ。タイムアタックにあたって、第3者の立ち会い人が、車両の標準状態と重量を確認した。

ヨルグ・ベルグマイスター氏は、「718ケイマンGT4 RSは妥協のないドライビングマシンだ。ワインディングロードではゴーカートのように軽快でありながら、サーキットでは安定性とバランスが非常に優れている。そうでなければ、このようなラップタイムは不可能。718ケイマンGT4 RSは、ポルシェがこれまでに開発した中で、最もシャープな1台だ」とコメントした。

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ

ベース車両の718ケイマンGT4は420psのフラット6搭載

パワートレインに関しては、現時点では明かにされていない。ベース車両の718ケイマンGT4のミッドシップに搭載されるのは、4.0リットル水平対向6気筒ガソリン自然吸気エンジンだ。新型『911カレラ』シリーズ向けをベースに開発されたこのエンジンは、最大出力420ps/7600rpmを獲得する。従来型の『ケイマンGT4』に対して、45psの強化にあたる。

ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプポルシェ 718 ケイマン GT4 RS のプロトタイプ

最大トルクは42.8kgmで、5000~6800 rpmの範囲で引き出される。このエンジンを6速MTと組み合わせた。動力性能は0~100km/h加速が4.4秒。最高速は304km/hと、300km/hオーバーを可能にする。その一方、低負荷走行時には、シリンダーの一部を休止し、燃費性能を追求している。

718ケイマンGT4の足回りには、軽量スプリングストラットのフロントとリアアクスルに、レーシング技術を導入した。シャシーとの接合部分には、ボールジョイントを使用。車高が30 mm低くなる「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント」が重心を下げ、サーキットでパフォーマスを発揮するチューニングを施した。「ポルシェ・スタビリティ・マネジメント(PSM)」は、オプションで無効にすることが可能。メカニカルリアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)」は、縦方向と横方向のダイナミクスやコーナリング性能を引き上げている。

ポルシェ 718 ケイマン GT4ポルシェ 718 ケイマン GT4

これからどうなる? EV/PHEV……

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. EV補助金引き上げで最大80万円引き…土曜ニュースランキング
  2. 【ボルボ XC60 新型試乗】Google搭載で変わるボルボ、走りは熟成の極み…島崎七生人
  3. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  4. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  5. 人気の“原二”125ccから250ccまで網羅!ヤマハのスクーター4車種、イッキ乗り比較してみました
  6. 【ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID】クラス最廉価のハイブリッドSUV[詳細画像]
  7. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  8. 【レクサス NX 新型】全64色、LED車内ランプ搭載…豊田合成が開発
  9. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  10. インフィニティ『QX60』新型、3列シートSUV…米国で納車開始
ランキングをもっと見る