コロナ禍でクルマの使用頻度が変化、自動車保険の見直し意向も増加 SBI損保調べ

この一年間、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で自動車保険を見直そうと思ったか
この一年間、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で自動車保険を見直そうと思ったか全 8 枚

SBI損保は、新型コロナウイルスによる自動車と自動車保険に対する意識の変化についてのアンケート調査を実施。保険料が手頃な保険会社に乗り換えたい人が増加していることが明らかになった。

調査は10月1~2日の2日間、自分名義の自動車を所有する全国の20歳~69歳の男女を対象にインターネットリサーチで実施。1107名からの有効回答をまとめた。

調査結果によると、この1年間、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で自動車保険を見直そうと思った人は26.9%で、昨年の21.0%から5.9ポイント増加した。どのように自動車保険を見直したいかという質問に対しては、昨年同様「保険料を減らすため保険会社を替えた(替えたい)」が最多で57.7%、次いで「保険料を減らすため補償内容を変更したい(変更した)」が43.6%という結果となり、補償を手厚くするより保険料を抑えたいと考える人が多いことがわかった。

また、コロナ禍の影響で自動車保険への加入の意識が変わった人は38.8%で、そのうちの20.6%は「保険料が手頃なものに乗り換えたい」と考えており、昨年の18.0%より2.6ポイント増加。2番目に多かったのも昨年と同じく「人に会わずにインターネットで手続きを完了させたい(14.0%)」で、節約傾向と非対面での手続き需要が引き続き高いことが確認された。

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で自動車保険への加入の意識は変わったか新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で自動車保険への加入の意識は変わったか

コロナ禍の影響で車の使用頻度は変わったか目的別で質問をしたところ、「買い物やプライベートでの使用」は45.3%の人に使用頻度の変化があったことがわかった。昨年に引き続き「通勤・通学での使用(20.0%)」、「仕事での使用(18.6%)」と比較すると倍以上の人がプライベートでの使用頻度に変化があったことがわかる。

保険会社とのコンタクト手段はどのようなものを望むか聞いたところ、「電話(対保険会社社員)」が45.3%で最多。次いで「メール」が35.2%、ようやく3番目で「店舗での対面(24.7%)」と対面でのコンタクトが登場する結果となった。4番目以降の回答は「チャット(対保険会社社員)(15.0%)」「自宅での対面(12.3%)」と続くが、総じて従来親しまれてきたコンタクト方法を望む人が多いことがわかった。

新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で車の使用頻度は変わったか新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で車の使用頻度は変わったか

コロナ禍の影響で車の購入・買い替え意識に変化があったか聞いたところ、「購入・買い替えを決めた」人が7.5%で、昨年の4.9%よりも増えていることが判明した。一方、「購入・買い替えの予定を延期した」は2.3ポイントの減少、「購入・買い替えを中止した」人は0.9ポイント減少しており、昨年よりもコロナ禍は買い控えよりも購入需要に影響していることがわかった。

EVとPHEV、ちがいとメリットとは? プラグインハイブリッド車(PHEV)も電気自動車(EV)と同じく、日常的には電気だけで走行できる。モーターのみの走行を……

保険会社とのコンタクト手段はどのようなものを望むか保険会社とのコンタクト手段はどのようなものを望むか

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  6. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  7. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  8. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
  9. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  10. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
ランキングをもっと見る