「CLE」ってどんなクルマ!? メルセデスベンツ、クーペ&カブリオレ市場で再起へ

メルセデスベンツ CLE プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ CLE プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚

クーペやコンバーチブルは、クロスオーバーSUV人気に押され、市場シェアを失っているのが現状だ。プレミアムブランドでも2ドアセグメントでの戦略の見直しを強いられており、メルセデスベンツでは、『Cクラス』『Eクラス』に設定されているクーペとカブリオレの廃止が検討されていたと噂されている。

しかしメルセデスベンツは、完全に廃止することなく、大胆な戦略にでることがわかった。それが新たなクラス「CLE」の導入だ。

CクラスとEクラスのクーペ/カブリオレに置き換えられるCLEは、最新世代のCクラスなどと共有する同社の「MRA-2」プラットフォームを採用。その車名からもブランドのラインアップでは「CLA」と「CLS」の中間に位置することがわかる。

メルセデスベンツ CLE プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CLE プロトタイプ(スクープ写真)
今回実車をスクープしたのは開発中とみられる「CLEコンバーチブル」だ。メルセデスAMGが開発中の新型『SL』同様にハードトップでなくファブリック製が採用されるほか、シートレイアウトは4シーターと予想される。

また現段階でクーペ/コンバーチブル以外のボディスタイルは考慮されていないが、ライバルとなるアウディ『A5』やBMW『4シリーズ』には、クーペとコンバーチブルだけでなく、アウディは「スポーツバック」、BMWが「グランクーペ」と4ドアクーペが存在しており、メルセデスベンツもCLEでこれに対抗する可能性がある。

市販型ではパワートレインをCクラス新型と共有するが、ボディには独自のヘッドライトユニット、ボディパネル、よりセクシーなルーフラインなどが新設計される。

CLEクラスは2022年内に欧州で発売予定だ。フルラインアップ戦略をとるメルセデスベンツだけに、日本市場への導入にも注目したい。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. 「富士山が見える車中泊スポット」ベスト16…初日の出におすすめ くるまの旅ナビ
  4. インチアップも選択肢!今年のスタッドレス事情をカーポートマルゼン埼玉本店に聞いてみたPR
  5. EV補助金引き上げで最大80万円引き…土曜ニュースランキング
  6. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  7. 「丸目プロボックス」発売、専門店が手掛けたアウトドアカスタム
  8. ポルシェ初、3列7人乗りSUVが開発中!? カイエンベースにタイカン顔
  9. 【ボルボ XC60 新型試乗】Google搭載で変わるボルボ、走りは熟成の極み…島崎七生人
  10. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
ランキングをもっと見る