英トライアンフは新型車や特別仕様、さらにプレビューも…EICMA 2021出品予定

EICMA 2021出品予定:トライアンフ・スピードトリプル1200RR
EICMA 2021出品予定:トライアンフ・スピードトリプル1200RR全 11 枚

イギリスのモーターサイクルメーカー、トライアンフは11月17日、世界最大規模のモーターサイクル展示会であるEICMA:ミラノモーターサイクルシュー2021での展示予定概要を発表した。スタンドは従来のショーからは一新され、10車種の新型車や特別仕様が並ぶという。

注目すべきは、新しい『スピードトリプル1200RR』だろう。エレガントでレトロなラインと、精密なカーボンの部品は要確認だ。トライアンフの本拠地、ヒンクリーの技術陣が完璧に仕上げた、カフェレーサー・スタイルのストリートスポーツだ。

『トライデント660ロードスター』は商業的成功を収めたが、このマシンで初めて採用された気筒プラットフォームを用いて、デュアルストリートロードスター『タイガースポーツ660』が登場する。“トリプル”エンジンに典型的な楽しさの展開にも、ミラノに来た人は注目するだろう。

エレガントな「ボンネビル・ゴールドライン」レインジは、すべて職人の手作業で仕上げられた塗装やパーツの仕上げによって、幅広いバリエーションを見せる。モデル名で言うと『ボバー』、『T100』、『T120』、『スクランブラー1200XE』および『ストリートスクランブラー900』だ。

EICMA 2021出品予定:トライアンフ・タイガー1200EICMA 2021出品予定:トライアンフ・タイガー1200

さらに、ヒンクリー発のアイコニックな3車種に触れることもできる。イーストロンドンの都市文化に触発されたカリスマ的な『ストリートツインEC1』、ロードレースの黎明期を記念するパフォーマンスモデルの『スラクストンRSトンナップ』、そして記録を量産する爆発的な性能のクルーザー『ロケット2R 221』だ。

特筆されるのは試作段階にある新型『タイガー1200』のプロトタイプが初めて一般公開されることだ。市場セグメントにおいて、ハンドリングとドライビングプレジャーについて新しい領域を切り開くことが開発目標だそうだ。アドベンチャーシリーズの将来のフラッグシップとの最初の接触機会はイタリアで用意されている。

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ GRスープラ、ついに6速MTを搭載? 直6「S58」エンジンのみ設定か
  2. 『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選
  3. 【スバル WRX S4 新型試乗】パワーダウンでも余りある、プラス400ccの恩恵…片岡英明
  4. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
  5. 個人タクシードライバーの若返り 制度を導入へ
  6. 【VW ティグアン 4000km試乗】持て余すほどの高性能を、価値と見るか無駄と見るか[前編]
  7. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  8. 【VW ゴルフGTI 新型試乗】コルベットは変わった。ゴルフはどうだ?…中村孝仁
  9. 東日本エリアのSA・PA、進化が止まらない!…トラックドライバーが利用しやすい設備も
  10. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
ランキングをもっと見る