【メルセデスベンツ Cクラス オールテレイン 海外試乗】Cクラスもついにクロスオーバー投入へ!日本上陸は2022年春…渡辺慎太郎

C220d 4MATICオールテレイン
C220d 4MATICオールテレイン全 25 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツの新型『Cクラス』は、実はCクラス史上初めてセダンとワゴンを同時に発表したモデルである。これまではセダンから遅れて1年後くらいにワゴンが追加されることが多かったのに、今回同時発表に踏み切った背景には昨今の時代背景があるのだろう。

セダンとワゴンの開発は通常ほぼ同時に進められていたが、両車の発表時期をずらすことにより、そのモデルに対する市場の注目を長い期間に渡って継続的に集められるといった販売面での戦略が主な理由だった。ところが最近ではネットでどんどんと情報が先行して拡散したり、実車と見間違うほど精巧な予想図なるものが出回るなど、あえて発売時期をずらすことの旨味が薄れていた。どうせできているんだし、だったらさっさと同時に発表してしまえという戦略転換のようである。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

Cクラス オールテレインはエアサスを装備しない

そして日本でのCクラス発表から1年も経たないうちに、本国ではもう新たなバリエーションが追加された。それが『Cクラス オールテレイン』である。オールテレインは、現行『Eクラス』でメルセデスとしては初めて導入したクロスオーバータイプのワゴンで、日本でも2017年から販売されていたが現在は終了している。Eクラスのワゴンをベースに最低地上高を上げ、AIR BODY CONTROLと呼ばれるエアサスペンションを組み込んでいた。車高調整が出来るのでそこそこのオフロード走破性があったのだけれど、実はオンロードでの乗り心地を含む快適性が極上で、個人的には現行Eクラスのベストモデルではないかと思っていたくらいだった。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

“オールテレイン”という響きにはいい印象しかないので、Cクラスのそれにも大いに期待していたが、Eクラスとは決定的に異なる点があった。Cクラス オールテレインはエアサスを装備していなかったのである。したがって車高調整もできない。これにはちょっとがっかりしたものの、そもそも現行Cクラスにはエアサスの用意がない。従来型にはクラス初と謳うエアサスを導入していたが、予想していたよりも多くの個数がでなかったそうで、現行モデルでは採用を見送った経緯がある。オールテレインにエアサスを用いなかったのは、そんなわけでおそらく構造的にもエアサスとその補機類を収めるスペースが確保できないというのも理由ではないかと推測する。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

160km/hくらいの巡航をステアリングに軽く手を添えておくだけでやってのける直進安定性

エクステリアはワゴンのアヴァンギャルドをベースに、前後バンパー下にクロムメッキ処理を施してアンダーカバー風の意匠としたり、ホイールアーチ周りにマットブラックの樹脂パーツを配置して差別化が図られた。これにより、ワゴンと比較すると全長で4mm、全幅で21mm、それぞれ大きくなっている。そして最低地上高は40mm高くなった。フロントが4リンク、リヤが5リンクのサスペンション形式に金属ばねとダンパーを組み合わせた構成はワゴンに準じている。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

現時点では『C200 4MATICオールテレイン』と『C220d 4MATICオールテレイン』の2タイプが用意され、今回は2022年春頃に日本導入が予定されているらしい後者に試乗した。現行Cクラスはハイブリッド以外の内燃機はすべて電動化されていて、「C220d」が搭載する1993ccの直列4気筒ディーゼルターボもISG仕様である。最高出力は200ps/4200rpm、最大トルクは440Nm/1800-2800rpmで、アイドリングから最大トルクを発生する1800rpmまでの間でモーターが駆動力をアシストするから、1.9トン近い車重があっても低回転域でのトルク不足はまったく感じられず、力強く加速する。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

40mmの最低地上高アップの影響は、オンロードではほとんどないと言っていい。特に高速時の直進安定性はお見事であり、アウトバーンの速度無制限区間では160km/hくらいの巡航をステアリングに軽く手を添えておくだけでやってのけてしまう。市街地や山岳路などでのステアリングを切る機会が多い場面でも、重心の高さによるばね上のぐらつきや操舵応答遅れも見られない。サスペンションのセッティングの妙により、ワゴンとほぼ同等のハンドリングが実現されていた。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

Gクラスチームが監修 『Cクラス オールテレイン』は決して“なんちゃってオフローダー”ではない

オフロードでの性能はメルセデスのテストコース内で試すことができた。『Cクラス オールテレイン』にはダイナミックセレクトに「OFFROAD」と「OFFROAD+」のふたつモードが追加されている。「OFFROAD+」にすると、下りの急勾配で自動的に速度調整しながら下ってくれるヒルディセントコントロールに加え、例えば雪道の上りの急勾配の途中でそれ以上進めなくなった場合、リバースに入れると安全に下ってくれるヒルディセントの逆バージョン的機能も使えるようになる。

C220d 4MATICオールテレインC220d 4MATICオールテレイン

また、センターディスプレにはセンターデフをロックしているようなグラフィックが表示されるが、『Cクラス オールテレイン』の4MATICが実際にセンターデフを有しているわけではない。4MATICとブレーキを使ったESPの制御により、「センターデフロック相当」の駆動力コントロールをしているそうだ。このふたつのオフロードモードは、『Gクラス』のチームが監修して制御マップを開発したとのこと。よって『Cクラス オールテレイン』は決して“なんちゃってオフローダー”ではないのである。

C200 4MATICオールテレインC200 4MATICオールテレイン

エアサスを使わずに、結果としてオン/オフロードともに高い性能を実現した『Cクラス・オールテレイン』。試乗を終えて振り返ってみると、きっと最低地上高アップの「40mm」という数字は、オンとオフとの性能を両立させるために何度も走り込んで導き出した、これしかいないという値に違いないと思った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
おすすめ度:★★★★★

渡辺慎太郎|ジャーナリスト/エディター
1966年東京生まれ。米国の大学を卒業後、自動車雑誌『ル・ボラン』の編集者に。後に自動車雑誌『カーグラフィック』の編集記者と編集長を務め2018年から自動車ジャーナリスト/エディターへ転向、現在に至る。

《渡辺慎太郎》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  3. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
  9. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  10. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
ランキングをもっと見る