CBR1000RR-R 30周年モデル と ホーネット次世代プレビューも…ホンダ EICMA 2021予定

ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary(日本での販売を予定)
ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary(日本での販売を予定)全 21 枚写真をすべて見る

ホンダは11月23日、イタリア・ミラノで開催されるEICMA 2021(ミラノモーターサイクルショー、11月23~28日)に出品するヨーロッパ向け2022年モデルの二輪車ラインアップを発表した。

CBR1000RR-R FIREBLADE / CBR1000RR-R FIREBLADE SP 2022年型および発売30周年を記念したCBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary
●ニューモデル:ADV350……アドベンチャーモデルのスタイルとシティースクーターの洗練とを融合
●初公開:NT1100……快適性と多用途性を備える
●初公開:Hornetコンセプト……3Dプロジェクションマッピング
●SH125iおよびSH150iにシャープでスポーティーなニューカラーを2パターン追加
●X-ADV、Forza 125、Forza 350、CB650R、CBR650R、CMX500 Rebel、CMX1100 Rebel、Gold Wing、Gold Wing Tourに新色を追加

◆CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP/CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary

2022年モデルの『CBR1000RR-R FIREBLADE / CBR1000RR-R FIREBLADE SP』および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」を公開する。

2022年モデルは、160kW@1万4500rpmの最高出力を持つ直列4気筒エンジンの中速域の出力特性を変更。ドリブンスプロケットの丁数を3丁増やし43丁とし、各ギアでより力強い加速力を実現した。また、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」は、HRCのテストライダーからのフィードバックをもとに、制御の熟成を図った。

記念モデルは、1992年の初代モデル『CBR900RR』の誕生以来、30年に渡るチャレンジを記念したもの。初代モデルのカラーリングをモチーフとした30周年記念モデルとなる。

ホンダADV350ホンダADV350

◆ADV350

アドベンチャーモデルのスタイルとシティースクーターの洗練とを融合した『X-ADV』に続き、ミッドサイズスクーター市場に『ADV350』を投入する。ADV350は、洗練されたスクーターのルックスにタフなADVスタイルを併せ持ち、舗装路から荒れた路面まで軽快な走りを提供する。

ホンダNT1100(日本での販売を予定)ホンダNT1100(日本での販売を予定)

◆NT1100

2021年10月に欧州発表された『NT1100』は、今回のEICMAがショーイベントでの初披露となる。軽快なスポーツモデルと快適なツアラーモデルとの融合を図り、新たなオンロード・ツーリングモデルの市場の創造をめざす。

5段階に高さ調整可能なウインドスクリーンに加え、ライダー前方の左右上下のウィンドディフレクターが、ライダーへの走行風をやわらげるなど、快適性を追求した。6.5インチのタッチパネル式TFTフルカラー液晶の表示はカスタマイズ可能で、Apple CarPlay、Android Autoに対応する。

2022 New Hornet Concept

◆The Hornet(Hornetコンセプト)

新たな『Hornet』のコンセプトの方向性がEICMAで公開される。プロジェクションマッピングを使用して、3次元の映像と音声で、Hornetの歴史と将来へのプレビューを展開する。Hornetは、欧州を中心に1998年に初めて公開されて以来、力強く、コンパクトで扱いやすいパフォーマンスに加え、卓越した操作性と、最先端のストリートファイタースタイルで人気を集めている。

ホンダ(EICMA 2021)ホンダ(EICMA 2021)

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  3. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  4. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  5. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  9. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る