【フォーミュラE】日産、ニューマシンのカラーリング公開…モチーフは日本の着物

日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開
日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開全 11 枚写真をすべて見る

日産自動車は11月23日、フォーミュラE選手権シーズン8の開幕に先駆け、新しいカラーリングを採用したマシンを公開した。

新しいマシンは、日本の伝統的な着物から着想を得て、鮮やかな赤色が特徴的なカラーリングを採用。また、ノーズコーン部分のデザインは、日産のグローバルデザインを担当するアルフォンソ・アルバイサ専務執行役員が、着物のひだを表現するために施したものだ。

日産は、フォーミュラEで数々の記録を持つセバスチャン・ブエミのパートナーとして、新たにマクシミリアン・ギュンターを加え、シーズン8に臨む。ギュンターは、フォーミュラEで過去3回の優勝経験があり、11月29日から12月2日までスペインのバレンシアにあるリカルド・トルモ・サーキットで行われる公式プレシーズンテストに、ブエミとともに参加する。

また、2018年からのパートナーである日産とシェルは、新たに複数年のパートナーシップ契約を発表。両社は、Gen3マシン(2022/2023年シーズンから)に向けて、シェルのトランスミッションフルード等を使用し、技術開発やパフォーマンスの向上を目指していく。

日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開日産e.dams、新しいマシンのカラーリングを公開

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トラックなのに自宅でくつろぐようなキャビン空間…ボルボトラック FH・FMXをモデルチェンジ
  2. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  3. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  4. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  5. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  6. 【日産アンビション2030】2030年度までに新型電動車23モデル投入を発表
  7. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  8. ストラーダで巡る都内探訪、緊急事態宣⾔解除後の街並みは変わったのか?PR
  9. ポルシェ 911サファリ 市販化へ着々と…3リットルターボ搭載で443馬力か
  10. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
ランキングをもっと見る