電気小型トラック『eキャンター』、寒冷地におけるEV配送の実証を札幌で開始

コープさっぽろでの実証で使用されるeキャンター
コープさっぽろでの実証で使用されるeキャンター全 2 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、北海道内でコープさっぽろが電気小型トラック『eキャンター』を用いた配送業務の初の実証を2022年に実施すると発表した。

eキャンターはMFTBCが開発した量産型電気小型トラック。2017年に日本市場で初めて販売を開始して以来、米国、欧州、日本を中心にグローバルで300台以上が稼働している。eキャンターは、車両総重量7.5トンクラス、急速充電では最大約1.5時間、普通充電では最大約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保。電気駆動システムはモーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.5kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパック6個を搭載する。

北海道内で初となる顧客によるeキャンターの実証は、コープさっぽろの宅配システム「トドック」での使用にて2022年1月(予定)に実施。コープさっぽろが寒冷地である札幌市内にて、特に市街地や傾斜地での実走行距離や充電・配送時間やバッテリーの消費電力などのデータ測定を行い、同社の配送実務におけるeキャンターの性能を実証する。コープさっぽろは物流におけるCO2排出量削減を推進し、北海道内での宅配業務のカーボンニュートラル化におけるさらなる取り組みとして、今回の実証を行う。

MFTBCは、今回の配送業務での実証実験は日本の寒冷地で問題なく使用できることを顧客に体感してもらう良い機会ととらえ、カーボンニュートラルな輸送の実現を目指す顧客のビジネスに貢献していく。

三菱ふそう eキャンター三菱ふそう eキャンター

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  3. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  4. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  5. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  9. BMW M専用のSUV『XM』登場 2022年から市販
  10. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
ランキングをもっと見る