GM、EV技術を船舶に拡大…バッテリー式駆動システム開発へ

GMCハマーEVの「アルティウム」車台
GMCハマーEVの「アルティウム」車台全 4 枚写真をすべて見る

GMは11月22日、EVテクノロジーを船舶の分野に拡大することを目的に、Pure Watercraft社の25%の株式を取得した、と発表した。

Pure Watercraft社は、米国ワシントン州シアトルに本拠を置く。同社のゼロエミッション船外機の「Pure Outboard」は、最大出力50hpのモーターを搭載する。環境汚染を低減しながら船舶のパフォーマンスを向上させ、従来のシステムよりも維持コストを抑えているという。

GMは、2025年までに北米のEV市場におけるリーダーになるために、EVや自動運転車の技術に350億ドルを投資している。GMとPure Watercraft社の今回のコラボレーションは、将来の世代のためにゼロエミッションモビリティを拡大することで持続可能性を追求するというビジョンを共有し、EVの普及に必要なアプローチを反映しているという。

両社のコラボレーションでは、Pure Watercraft社のゼロエミッション船外機技術に、GMのエンジニアリングやサプライチェーン、製造面などのノウハウを組み合わせる。両社は、GMの技術をさまざまなアプリケーションに組み込みながら、船舶業界の電動化を加速するバッテリー式の船舶駆動システムを開発・商品化していく。

GMの次世代EV向け「アルティウム」バッテリーGMの次世代EV向け「アルティウム」バッテリー

なお、両社のコラボレーションから生まれる製品は、後日発表される予定、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る