「リアル人生ゲーム」に挑戦…全長500kmの体験イベント、日産 キックス e-POWER が出発

リアル人生ゲーム出発式
リアル人生ゲーム出発式全 6 枚写真をすべて見る

日産自動車とタカラトミーが共同で、日産『キックス e-POWER』と「人生ゲーム」をコラボした「NISSAN KICKS e-POWER presents.リアル人生ゲーム」を開発した。一般参加者を公募し、応募者約2万名の中から選ばれた2組4名がリアル人生ゲームに挑戦する出発式が11月26日に行われた。

「NISSAN KICKS e-POWER presents.リアル人生ゲーム」は、東海道五十三次をモチーフとした日本最長規模、全長500kmにも及ぶ体験イベントで、全53マスのリアル人生ゲームマップを、実際にルーレットを回しながら進んでいくもの。マス目にはそれぞれパラグライダーや人力車といったアクティビティやグルメ、観光スポットが書かれており、3日間かけてそれらの挑戦をこなしながら、横浜から京都までの500kmを走破していく。本来の人生ゲームと違い、お金を貯めるのではなく体験からくる“経験値”を貯めるというのが最大の特徴だ。

リアル人生ゲームリアル人生ゲームリアル人生ゲームリアル人生ゲーム

本企画はそもそも、コロナ禍で長引く自粛生活からくる「チャレンジする機会が失われている」と考えたことからスタートしており、事前のアンケート調査では実に8割もの回答者が「自粛生活でアクティブなチャレンジを諦めたことがある」と回答したそうだ。

この結果を受け、アクティブな挑戦を後押しする「日産 キックス」と、様々な人生を体験できる「人生ゲーム」のコラボが決定。「チャレンジロス」しているユーザーに向けて、「NISSAN KICKS e-POWER presents.リアル人生ゲーム」が開発されたという経緯がある。

日産 キックス e-POWER日産 キックス e-POWER

非常に多くの応募者から幸運を勝ち取った2組は、どちらもアクティビティや旅程が楽しみな様子で、3日間たっぷり楽しみたいと出発前に意気込みを語っており、実際に「挑戦を後押し」できている印象を受けた。

出発式には日産、タカラトミー双方から代表者が登壇。

日産ブランド&メディア戦略部・遠西高幸氏日産ブランド&メディア戦略部・遠西高幸氏タカラトミー・池田高章氏タカラトミー・池田高章氏

日産のブランド&メディア戦略部・遠西高幸氏は「キックスならではの走りやアクティビティによって、人生をワンランクアップしてもらいたい」とコメント。タカラトミーの池田高章氏も「挑戦者ではない私たちもワクワクしている。ぜひゴールまで楽しんでもらいたい」と期待を寄せていた。

《二城利月》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  3. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
  9. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  10. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
ランキングをもっと見る