大きすぎるリスク…横浜市の新交通システム、横浜シーサイドラインが「参画せず」

横浜シーサイドラインが運営する金沢シーサイドラインの列車。同社は神奈川県内で新交通システムの知見を有する唯一の事業者として、上瀬谷ラインへの参画を要請されていた。
横浜シーサイドラインが運営する金沢シーサイドラインの列車。同社は神奈川県内で新交通システムの知見を有する唯一の事業者として、上瀬谷ラインへの参画を要請されていた。全 3 枚

横浜市の新杉田駅(磯子区)と金沢八景駅(金沢区)を結ぶ金沢シーサイドラインを運営する横浜シーサイドラインは11月26日、横浜市から参画要請があった「都市高速鉄道上瀬谷ライン(仮称)」(上瀬谷ライン)について、「現時点で参画はしない」と正式に表明。11月25日付けで横浜市に回答した。

上瀬谷ラインは、旧上瀬谷通信施設と呼ばれる在日米軍施設跡地内に構想されている大型テーマパークへの交通手段として計画されている、Light Rail Transit(LRT)、新交通システム、モノレールなどを含む中量軌道で、相模鉄道本線瀬谷駅最寄りの仮称・瀬谷駅を起点とし、仮称・上瀬谷駅を経て、仮称・上瀬谷車両基地へ至る延長約2.6kmの路線。

横浜市では跡地で国際園芸博覧会が開幕する2027年3月を開業目標としており、軌道法に基づく特許申請へ向けて、「(横浜シーサイドラインが)本市が所管する公営又は第三セクターで、唯一、軌道事業:新交通システム(AGT)の専門的な知見、運行、経営ノウハウを有する」ことを理由に参画を要請していた。

これに対して横浜シーサイドライン側は参画しない理由として、テーマパークの事業主体や具体的な事業内容が明確でない点、提示された来園者数の予測値や交通分担率が大きく変動する可能性がある点、テーマパークに依存した路線になることが明らかであるにも拘わらず、その共同体からの出資の有無が明確になっていない点、需要予測などが横浜シーサイドライン側の認識と大きく乖離しており単独の事業としては採算性や継続性が見込めない点、リスク対応がないまま参画すると金沢シーサイドラインの運営にも影響を及ぼす点などを挙げており、リスクに対する両者の認識の違いが浮き彫りになっている。

上瀬谷ラインの計画路線図(中央破線部分)。仮称・瀬谷駅と仮称・上瀬谷駅が設置され、仮称・上瀬谷車両基地が終点部となる。延長約2.6kmのうち7割は地下線となる。上瀬谷ラインの計画路線図(中央破線部分)。仮称・瀬谷駅と仮称・上瀬谷駅が設置され、仮称・上瀬谷車両基地が終点部となる。延長約2.6kmのうち7割は地下線となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、国内生産拠点の操業を一時停止
  2. M'z SPEEDの新車カスタムコンプリートカー、実車を観てその人気を実感…東京オートサロン2022PR
  3. 東武・伊勢崎線の運休計画…北千住-草加間はバス振替、竹ノ塚付近高架化 3月19-20日
  4. トヨタ セコイア 新型、3列シートのフルサイズSUV…米国発表
  5. ランクル より大きいSUV、トヨタ『セコイア』新型発表…ハイブリッド標準<速報>
  6. 白バイから逃走していたバイクの運転者、ワイヤーで体を切断して死亡
  7. マツダ『CX-50』デザイナーの言葉から紐解く「7つの見所」
  8. BMW 4シリーズグランクーペ 新型、245馬力ターボ+AWDを追加へ…欧州
  9. ルノーの新型SUV『オーストラル』、24.3インチディスプレイ採用…内装スケッチ公開
  10. トヨタ、ハリアー 7万台をリコール…リアウインカーが作動しない
ランキングをもっと見る