ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ

ポルシェクラシック(イメージ)
ポルシェクラシック(イメージ)全 4 枚

ポルシェ(Porsche)は11月30日、旧車部門の「ポルシェクラシック」が、ポルシェの旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売すると発表した。

ポルシェクラシックは、ポルシェのあらゆる旧車に関して豊富なノウハウを持ち、レストアや修理、純正パーツの供給などを行っている。ポルシェクラシックでは約6万点のパーツを揃えている。

スペアパーツの在庫が少なくなったり在庫切れになったりすると、オリジナルのツールを使って複製される。そのひとつの手法が3Dプリンターだ。ポルシェによると、3Dプリンターで製造されるパーツは、技術的にも外観的にも、全てオリジナルの仕様に対する忠実性という要件を満たしているという。

原則として、ポルシェクラシックは生産終了から10年以上が経過した車両のレストアや修理、純正パーツの供給などを行う。現在、『356』、『911』(タイプ「996」まで)、『912』、『959』、『914』、『924』、『944』、『928』、『968』、『ボクスター』(タイプ「986」)、『カレラGT』、初代『カイエン』など、合計87万台以上が対象だ。

930型・ポルシェ911SC3.0タルガ(参考)930型・ポルシェ911SC3.0タルガ(参考)

ポルシェクラシックは、ポルシェの旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売する。これは、顧客のカスタマイズニーズに対応するもの。ポルシェの旧車のパフォーマンスを向上させるために役立つコンポーネントを、順次リリースしていく予定だ。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  4. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  7. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る