米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ

トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)
トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)全 3 枚

トヨタ自動車の米国部門は12月2日、『カローラハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』に相当)の写真をインスタグラムに公開した。その写真に1台のプロトタイプが写り込んでおり、これが『GRカローラ』となる可能性がある。

「GR」は、もっといいクルマづくりを目指すトヨタGAZOO レーシングが、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどのモータースポーツ活動を通じて車と人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズだ。

その筆頭に位置するのが、グローバルGRモデル。現在、『GRスープラ』、『GRヤリス』、『GR 86』が用意されている。これに続く第4のモデルとして、GRカローラが登場する可能性がある。

トヨタの米国部門が公開したプロトタイプには、車体にカモフラージュが施されているが、ドアサイドパネルに「GR FOUR」の文字が。また、プロトタイプ車の右上の赤いコンテナに、「G16 GR FOUR」の文字が確認できる。

トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)

現時点では、米国市場にGRヤリスは投入されていない。現地では、『ヤリス』が属するサブコンパクトカー市場は縮小傾向にあり、GRヤリスよりも車体がひと回り大きいカローラベースの高性能モデルとして、GRカローラが導入される可能性がある。

トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)トヨタ・カローラ・ハッチバック(日本名:カローラ・スポーツに相当)

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  4. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  7. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る