「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始

超小型エンジン組み立てキット「X-Power」
超小型エンジン組み立てキット「X-Power」全 3 枚

フリーアップは、100以上のパーツから作る4ストローク2気筒水冷エンジンキット「X-Power」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「Makuake」にて開始した。排気量は7.0cc、最高出力は1.05ps……!!

X-Powerは自分で作って動かせる本格ミニチュアエンジンだ。組み立ては直径約2cmの小さなピストンにピストンリングを取り付けるところからスタート。100以上のパーツを使って組み立てていくことで、メーカーのモノづくりの本気度を体感できる。

完成したエンジンはサイズが595×450×844mm、重量700g。ボア径16.6mm×ストローク長17mmで、1気筒あたりの排気量は3.5cc。ニトロ30%燃料による最高出力は1.05ps/1万6000rpm。水冷システムが組み込まれ、オーバーヒートを防ぐ。

完成後、実際に燃料タンクを接続して動かせばエンジンの構造がよく理解できる。どのようにエンジンが冷やされて動力が伝わるのか、どのように燃料が燃焼してピストンが動き、その動きがクランクシャフトを動かしているのか。本では分からないことも、ゼロから自作すれば手に取るように実感できる。

超小型エンジン組み立てキット「X-Power」超小型エンジン組み立てキット「X-Power」

また、組み立てたエンジンは、人それぞれの創造力を生かした楽しみ方ができる。RCカーやレゴカーに搭載したり、発電機やウォーターポンプの動力源としても利用できる。

価格(台数限定・超早割)はエンジンキットが4万9700円、組立工具付きがネセシティパックが5万3900円、ベース台と燃料タンクが付属するベースパックが6万6500円など。

超小型エンジン組み立てキット「X-Power」超小型エンジン組み立てキット「X-Power」

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  2. ランボルギーニ初のオフロード・スーパーカー『ステラート』、まさかの市販化へ
  3. 「眩しい!」をなくしてデザインや質感を作り込む…マツダの新型車開発
  4. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
  5. 【ダイハツ アトレー 新型】発売1か月で月販目標の8倍、「第三の居場所」人気で
  6. スバル STI E-RAのデザインは、空力と低重心感…東京オートサロン2022[インタビュー]
  7. 【マツダ CX-3 新型試乗】小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人
  8. 【アクア vs ヤリス 比較】デザイン・居住性・使い勝手・運転のしやすさはどっちが上?
  9. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  10. トヨタのフルサイズSUV、『セコイア』新型ティザー 1月25日にモデル発表へ
ランキングをもっと見る