ディーゼル車向け尿素水不足問題、1月中に正常化へ 経産省

AdBlueの補給(ボルボ)
AdBlueの補給(ボルボ)全 1 枚

経済産業省は12月24日、ディーゼル車に必要な尿素水「アドブルー」が不足している問題で、国内生産事業者をはじめとする関係者と連携して対応し、2022年1月中に国内供給量が平時の需要量を上回る見通しになったと発表した。

アドブルーはディーゼル車の排ガス中の、NOx削減に利用される。アドブルーの原料となる尿素が主要生産国である中国からの輸入停止で、国内でもアドブルーが不足している。ECサイトではアドブルーを個人間で高額転売されている。ディーゼル車の稼働にはアドブルーが必要不可欠で、懸念する声が上がっている。

経済産業省ではアドブルーの原料となる尿素の国内生産事業者に対し、最大限の増産を要請しており、国内生産事業者による最大限の増産が進んでいる。これによって1月中には、原料となる尿素の国内供給量が平時における需要量全体を上回る見通しで、中国以外からの輸入も拡充されているという。

また、経済産業省ではアドブルーの高額転売に関して注意喚起するなど、高額転売対策を進めていく。

《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】軽の受賞は史上初、EV『日産サクラ/三菱eKクロスEV』が大賞…輸入車はヒョンデに
  2. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  3. メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ
  4. マツダ6、 誕生20周年記念の特別仕様車を追加…ディーゼルエンジンの出力も向上
  5. 【マツダ6 改良新型】20年の歴史と伝統、マツダのクルマづくりを変えたフラッグシップモデル
  6. トヨタの新世代EV「bZ」、第3弾は小型SUV…コンセプトカーの新写真
  7. 幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ
  8. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に、「プラーガ」の新型ハイパーカー[詳細写真]
  9. ホンダの新型コンパクトSUV『WR-V』、生産開始…インドネシア
  10. 変速の演出が上手いシビック e:HEV…桂伸一【日本カーオブザイヤー2022-2023】
ランキングをもっと見る