【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】個性的な“顔”で全面刷新、スマホで自動駐車も…価格は267万円より

トヨタ ノア/ヴォクシー が8年ぶりに全面刷新。写真は新型ヴォクシー
トヨタ ノア/ヴォクシー が8年ぶりに全面刷新。写真は新型ヴォクシー全 62 枚

トヨタ自動車は、ミドルサイズミニバン『ノア』および『ヴォクシー』を8年ぶりにフルモデルチェンジし、1月13日より販売を開始する。価格はノアが267万円から、ヴォクシーは309万円から。

2001年11月に発売したノア/ヴォクシーは、乗り降りしやすいスライドドア、広く快適な室内空間など、ミニバンならではのうれしさを徹底して追求したコンパクトキャブワゴンとして開発。日本の家族に愛され育まれたクルマとして、今でもファミリーを中心とした多くのユーザーに支持されている。

トヨタ ノア 新型。エアロモデルの「S-Z」トヨタ ノア 新型。エアロモデルの「S-Z」

4代目となる新型ノア/ヴォクシーは、「より快適に」「より便利に」「より安心な」ミニバンとして誕生した。TNGAプラットフォーム(GA-C)を採用し、優れた「パッケージング」と「使い勝手」の良さを深化させるとともに、最新の先進装備を採用することでミニバンとしての魅力をさらに追求。ノアは「堂々・モダン・上質」と「王道・アグレッシブ」の2つのキーワードに、ヴォクシーは「先鋭・独創」をキーワードとして、特長をより際立たせた個性的な3つの世界観でデザインした。さらに、ウェルキャブ(福祉車両)では、車いす仕様車の大幅な商品強化に加え、型式指定自動車の設定を拡大するなど、ラインアップも充実させた。

価格はノアが267万円から389万円、ウェルキャブは277万3000円から352万6000円。ヴォクシーは309万円から396万円、ウェルキャブは315万円から357万2000円。

子どもや高齢者に優しいユニバーサルステップ

トヨタ ノア 新型トヨタ ノア 新型

ボディ骨格の最適化によって、左右のCピラー間距離は1295mm(従来型比+75mm)に拡大。室内高1405mmと相まって、開放感ある室内空間を創出した。また、大容量104リットルのスーパーラゲージボックス、スーツケースなどの収納に便利な床下収納スペースを確保した。

7人乗り仕様車のセカンドシートには、キャプテンシートを採用する。クラス初となるオットマン機構とシートヒーターに加え、折りたたみ式大型サイドテーブルなどを装備。ストレート超ロングスライド(スライド量745mm)を実現し、快適性や利便性の良さも追求した。8人乗り仕様車のセカンドシートには3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用。7人乗り仕様車同様、超ロングスライド(スライド量705mm)を実現している。

トヨタ ノア 新型トヨタ ノア 新型

パワースライドドア装着車には「ユニバーサルステップ」(助手席側)を設定する。ドア開閉と合わせてドア下部からステップを展開・格納。ステップ高を200mmとすることで、子どもから高齢者まで優しい乗降性を提供する。また、ロングアシストグリップを左右のBピラーに標準装備。握りやすい高さとするとともに、グリップの太さも、大人を想定したアッパー部、小さな子どもが使用するロア部に分けて最適化し、掴みやすさにも配慮した。バックドアには、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を世界初採用。車両後方にスペースがない場合でもバックドアからの荷物の出し入れが容易となった。

パワースライドドア装着車に装着される「ユニバーサルステップ」パワースライドドア装着車に装着される「ユニバーサルステップ」

スマートフォンによる自動駐車をトヨタ初採用

新型ノア/ヴォクシーは機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載。プリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減ブレーキ)は、交差点右折時に隣接する2レーンから直進する対向車両、右左折時に前方から横断してくる歩行者と自転車運転者に加え、トヨタ初となる交差点で交差する車両、自動二輪車も検知する。低速時加速抑制機能もパーキングサポートブレーキ(静止物)とあわせ低速域での検知対象を拡大。万が一、ドライバーのステアリング操作がなくても、システムが衝突の危険性が高いと判断した際にプリクラッシュブレーキと操舵制御を行うアクティブ操舵機能も設定した。

また、危険を検知し安全運転を支援するプロアクティブドライビングアシストをトヨタ初搭載する。「歩行者の横断」「飛び出し」など、運転の状況に応じたリスクの先読みを行うことで、歩行者や自転車、駐車車両に近づきすぎないようにステアリング・ブレーキ操作をサポート。先行車や前方のカーブに対して減速操作をサポートし、頻繁な踏みかえ操作を軽減する。

トヨタ ノア、ヴォクシー新型に採用されたリモートパーク機能トヨタ ノア、ヴォクシー新型に採用されたリモートパーク機能

さらに高度運転支援技術「トヨタチームメイト」の新機能「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」、「アドバンストパーク(リモート機能付)」を設定する。トヨタ初搭載となるアドバンストドライブは、自動車専用道路での運転にて、渋滞時(0~約40km/h)レーダークルーズコントロールおよびレーントレーシングアシストの作動中に、ドライバーが前を向いているなど一定の条件を満たすとシステムが作動。認知、判断、操作を支援することで、渋滞時におけるドライバーの疲労を軽減する。アドバンストパークは並列駐車時の支援を拡大。従来のバック駐車に加え前向き駐車に対応し、前向き/バック出庫が可能となった。またハイブリッド仕様車にはリモート機能をトヨタ初採用。ドライバーがスマートキー携帯時に、車外から専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作することで、駐車および出庫が可能となる。

「力強いハコ」スタイルを追求

トヨタ ノア 新型トヨタ ノア 新型

エクステリアは歴代モデルで追求してきた、室内空間の最大化と力強いハコ(箱)らしさを継承深化。「堂々・躍動的な力強いハコ」スタイルを追求し、ユーザーに安心と所有する喜びを提供する。

ノアはシンプルながらも細部まで造り込み、上質かつロングラスティングなスタイルを追求。フロントは一括りの明解なアイコンと、外板色であしらった面勝ちのグリルや切れのあるランプグラフィックで、堂々かつモダンなスタイルとした。エアロモデルとなる「S-Z」「S-G」は、面勝ちのメッキグリルによって華やかかつ強い押し出し感を演出したフロントとワイド&ロースタンスのリヤとで、王道のエアロスタイルらしいアグレッシブさを表現している。

トヨタ ヴォクシー 新型トヨタ ヴォクシー 新型

ヴォクシーは、先鋭かつ独創的なスタイルを追求した。フロントは、ラウンディッシュな薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせによってコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックを実現。さらに、怪しく光る特徴的なフロント/リアランプによって夜でもその存在感を強調する。

ボディカラーは新規開発色として上質なブラックのグリットルブラックガラスフレーク、ダークで重厚感あるマッシブグレーを設定。ノアは全5色(S-Z、S-Gは全6色)、ヴォクシーは全6色を展開する。

インテリアは、ブラックアウトしたスリムなフロントピラーや水平基調で低くワイドに構えたインストルメントパネル、ドアトリムに加え、アシストグリップやエアコン吹き出し口などを機能的に配列したルーフ周りが、スッキリとした開放的空間を実現している。インストルメントパネルは機能美と1クラス上の上質感を追求。金属調フレームにソフト素材を巻き付けた姿をイメージした独創的なスタイルとした。

トヨタ ノア 新型トヨタ ノア 新型

新世代シリーズパラレルハイブリッドを採用

新型ノア/ヴォクシーは、GA-Cプラットフォームを採用。軽量でありながらバランスの取れた高剛性ボディが、車高の高さを感じさせない上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現する。造りこんだ高剛性ボディに対して前後のサスペンションジオメトリーを最適化。フロントにマクファーソンストラット式を、リヤにはトーションビーム式を採用し、サスペンションのしなやかな動きと接地感あるフラットな走りを追求した。

パワートレインは、シリーズパラレルハイブリッドと2.0リットル直4DOHCダイナミックフォースエンジン(M20A-FKS)の2種類を用意する。

トヨタ ノア、ヴォクシー 新型のハイブリッドシステムトヨタ ノア、ヴォクシー 新型のハイブリッドシステム

1.8リットル直列4気筒DOHCエンジン(2ZR-FXE)を採用した新世代ハイブリッドシステムは、全ての電動モジュールを刷新した。モーター・バッテリーの高出力化とシステムの高効率化により、ミニバンでも心地よい加速と優れた燃費性能を高次元で両立。クラストップレベルの低燃費23.4km/リットル(WLTCモード)を達成する。また、最新のハイブリッド技術を継承した新型E-Fourを採用。モーター出力向上により4WD作動領域や後輪へのトルク配分を拡大。コーナリング中の前後輪トルク配分を最適に制御し、操縦安定性を高めたほか、後輪のトルクを上げたことで、降雪時や雨天時における登坂発進時の安心感も向上させた。

2.0リットルダイナミックフォースエンジンは、ダイレクトシフト-CVTを組み合わせることで、力強くダイレクトな走りと優れた燃費性能を両立。ガソリン車としてもクラストップレベルの低燃費15.1km/リットル(WLTCモード)を達成する。ダイレクトシフト-CVTには、マニュアル感覚のシフトチェンジが楽しめる10速シーケンシャルシフトマチックを設定。4WD車には、発進時やタイヤスリップしやすい路面の走行時に、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用した。

コネクティッドナビ対応、車内Wi-Fiもトヨタ初採用

トヨタ ノア、ヴォクシー 新型トヨタ ノア、ヴォクシー 新型

高精細HDワイドディスプレイを搭載したディスプレイオーディオは、「コネクティッドナビ」にトヨタ初対応。車両に搭載された地図情報ではなく、センターから通信で取得した新しい地図・施設・渋滞情報で目的地検索・ルート設定が可能となった。また音声認識サービス「エージェント」が目的地設定も実現。初度登録日から5年間は無料でサービスを提供する。

さらにクルマがWi-Fiスポットとなる「車内Wi-Fi」をトヨタ初採用。全車標準装備のDCM(車載専用通信機)を通じ、データ通信容量無制限でスマートフォンやゲーム機などインターネットに接続できる。

車いす仕様車は乗降性を向上

トヨタ ウェルキャブ ノア(車いす仕様車 タイプI)トヨタ ウェルキャブ ノア(車いす仕様車 タイプI)

ウェルキャブ(福祉車両)では、型式指定自動車の設定を拡大。持ち込み登録の手間が省け納車までの時間を短縮する。また要望の高いハイブリッド車にも設定した。

車いす仕様車は、従来型から好評の後輪エアサスペンションによる、ゆるやかなスロープ角度(9.5°)や前倒れ機能付き手動スロープに加え、乗車から固定までの一連の動作をシンプルにする新機構を採用し、乗降性を大きく向上させた。また、架装部分の価格も見直し、ユーザーの負担を軽減。サイドリフトアップチルトシート装着車は、従来型の嬉しさをそのままに、ウェルジョインはユニバーサルステップを標準装備し、乗降性を高めた。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  4. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  7. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る