ダイハツ ロッキー 新型、早くもカスタマイズ…東京オートサロン2022

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)
ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)全 25 枚

ダイハツ工業東京オートサロン2022において、ハイブリッド化されたダイハツロッキーHEV』をベースとしたカスタマイズカー2台を展示している。

◆ロッキープレミアムVer.:HEVのイメージを強調

ダイハツ・ロッキークロスフィールドVer.ダイハツ・ロッキークロスフィールドVer.

----:今回『ハイゼット』、『アトレー』以外にデビュー間もないロッキーが2台カスタマイズカーとして展示されました。そこで、この2台についてのコンセプトや特徴を教えてください。

ダイハツデザイン部第一デザイン室先行開発スタジオ主任の米山知良さん(以下敬称略):ロッキーの2台はどちらかというとカスタマイズというより、ドレスアップという方向性が近いですね。ロッキープレミアムVer.はロッキーHEVのイメージを強調させるために、樹脂部分をブルーに塗装して、ラメの細かい専用シルバーにすることで、少し先進的なイメージにしています。

ダイハツ(東京オートサロン2022)ダイハツ(東京オートサロン2022)

18インチの大径のタイヤ(トーヨーオープンカントリーとRAYSのデイトナホイール)を履いて、“都会で似合うクールなプレミアムコンパクト”というテーマです。少しプレミアムであることと同時に、電動化を進めるという意気込みを見せるカスタマイズです。それ以外ではフロント、サイド、リアのアンダーガーニッシュを純正用品に変更し、それをシルバーに塗装しました。

内装はシート表皮を全部張り替えて、明るいグレーとブルーのハイピング仕様にしています。そこからプレミアムコンパクトな印象とともに、エクステリアと同様に電動化の意気込みを表現しています。

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)

◆ロッキークロスフィールドVer.:ドレスアップだけで印象を変えよう

----:続いてはロッキークロスフィールドVer.です。

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)

米山:インドネシアでのショーに出品して好評だったロッキーがありまして、それをオマージュして日本のハイブリッド仕様で作りました。フロントグリルはインドネシアから取り寄せたグリルを黒に塗装して日本のナンバー仕様に加工しなおして取り付けています。

また、アンダーガーニッシュを黒く塗りました。それからフォグランプを黄色くしたり、ドアの下にサイドパネルをつけて、タフな感じ、アウトドア指向を強めるような演出をしています。またルーフにはYAKIMAのラックをつけて、ドレスアップだけでこれだけ印象が変わるんだということを感じてもらいたいですね。

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)

ちなみにヘッドランプやリアコンビランプ、エンブレムなどは全部スモーク加工して精悍なイメージを出すために黒を入れています。また、D-Sportのマッドガードなどを取り付けていますので、誰でも真似して出来るような仕様といってもいいでしょう。

街中に合うようなカスタムももちろん似合いますが、アウトドアにも行けるという両方を見せられたら良いなというのがこのクルマの狙いです。

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)

◆コペン組み立て体験トラック:将来は子供たちへ職業体験も

----:これはカスタマイズカーとは違いますが、会場にハイゼットトラックをベースにしたコペン組み立て体験トラックがありますね。

ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)ダイハツ・ロッキープレミアムVer.(東京オートサロン2022)

米山:現在ダイハツではNibakoプロジェクトと名付け、お客様への寄り添い活動を行っています。例えば移動販売など、荷台を荷箱と位置づけて、様々な活動が出来るような提案をしています。そこで東京オートサロンではその考えをもとに、職業体験コーナーのように、外でそういったことが出来たら良いと考えました。公民館とかショッピングモールで、クルマの整備体験が出来るようなイメージです。今回、会場では展示のみですが、いずれはこのNibakoの特性を生かしながらエンジンの組み立てなど、子供たちに様々な体験をさせてあげられたら面白いと思います。

《内田俊一》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  4. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  7. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る