ロータリーエンジン搭載のマツダ3でパイクスピーク初参戦! マッド・マイクの挑戦がスタート…東京オートサロン2022

TROUBUL / TCP-Magic
TROUBUL / TCP-Magic全 17 枚

東京オートサロン2022のトーヨータイヤブースにて1月14日、トーヨータイヤが第100回パイクスピーク国際ヒルクライムにてタイトルスポンサーを務めることを発表。同時に、同社のブランド・アンバサダーであるマッド・マイク選手とともにパイクスピークへの参戦を表明した。

◆マツダx レッドブル x トーヨータイヤ x TCPマジックのスペシャルプロジェクト

ドライバーを務めるマッド・マイク選手ドライバーを務めるマッド・マイク選手

今回のパイクスピーク参戦は、トーヨータイヤを含めた4社協力によるプロジェクトだ。ドライバーを務めるのは世界的なドリフトドライバーであるマッド・マイク選手で、パイクスピークへの挑戦は初めてとなる。

2018年フォーミュラドリフトジャパン(FDJ)のチャンピオン、そしてレッドブル ニュージーランド プロドリフトレーサーであるマイク選手は、優れたマシンコントロール技術に定評があるドライバーだ。

加えて、マツダ3をレーシングカーに仕上げるのが、兵庫県にあるTCPマジック。同社はロータリーエンジンのチューニングを得意としており、マイク選手のFDJ参戦・チャンピオン獲得車両(HUMBUL)を製作も手掛けている。2021年シーズンは4ローターターボエンジン搭載のシルビアでリバティーウォークとともにFDJに参戦し、年間ランキング3位を獲得した。そしてトーヨータイヤが全面的にサポートを行い、プロクセスのスリックタイヤを装着してマツダ3の走りを足元から支えるのだ。

◆1200馬力の4ローターエンジン搭載、FR駆動の怪物ドリフトマシン “TROUBUL”

TROUBUL / TCP-MagicTROUBUL / TCP-Magic

それではTROUBULの細かい仕様についても注目してみよう。目玉となるのはやはりロータリーエンジン。マイク選手の代名詞ともなっている4ローターエンジンはツインターボ仕様で約1200馬力を発生。ギャレット製のタービンとハルテック製のフルコンピューターで制御を行い、ホリンジャー製の6速シーケンシャルミッションを組合せる。

TROUBUL / TCP-MagicTROUBUL / TCP-Magic

足元はサスペンションにKW製コンペティション、ホイールはレイズ製のボルクレーシング 21Cをマッチング。フロント:ガンメタリック&リア:グロスブラックとを色を使い分けることで表情に変化をつけている。

個々のパーツを見ると過激なスペックだが、仕上がりはクリーンにまとまっている。マイク選手ならではのパーツチョイスとTCPマジックのマシンメイクが光る仕上がりだ。

◆TCPマジックで早速TROUBUL製作がスタート!

市販車のマツダ3・ファストバックをベースにレーシングマシンへのチューニングが進められる市販車のマツダ3・ファストバックをベースにレーシングマシンへのチューニングが進められる

そんな情報をキャッチしたレスポンス編集部は、2021年の12月某日TCPマジックへと乗り込んだ。そこにはフルストリップ状態のマツダ3 ファストバックがリフトアップされており、まさにマシンの製作がスタートしたばかりのタイミング。ここからパイクスピーク参戦に向けて4ローターエンジン搭載をはじめとした様々な作業が予定されている。

マツダ3用のレーシングパーツは基本的には販売されていないので、マツダ3への組み込みはワンオフでTCPマジックが制作してマシンに合わせこんでいくとのこと。今後は春頃を目安に岡山国際サーキットでシェイクダウンを行い、セッティングを行った後にそのまま空輸して本戦へ参戦する予定だ。

通常パイクスピークのレースでは約2週間前にテスト走行のセッションが設定されるが、マシン製作をギリギリまで行うために、現時点では公式練習からの参加となる想定で作業が進んでいる。そしてレスポンス編集部では、このマッド・マイク選手のパイクスピーク・ヒルクライムへの挑戦を密着取材していく。今後の展開から目が離せない。

《後藤竜甫》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  4. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  7. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る