モーガン プラス4、ルマン勝利60周年記念車を発表…世界限定62台

1962年のルマンで『プラス4スーパースポーツ』が2リットルクラスで優勝

ルマン優勝マシンに敬意を示した特別装備

BMW製の2.0リットル直4ターボは最大出力258ps

モーガン・プラス4「LM62」
モーガン・プラス4「LM62」全 22 枚

モーガンモーターカンパニー(以下、モーガン)は1月17日、『プラス4』に「LM62」(Morgan Plus Four LM62)を設定し、世界限定62台を販売すると発表した。

◆1962年のルマンで『プラス4スーパースポーツ』が2リットルクラスで優勝

同車は、1962年のルマン24時間耐久レースにおいて、モーガンが伝説的なクラス優勝を成し遂げてから60周年を祝うモデルだ。

1937年、最大出力42hpを発生する1098ccの「コヴェントリー・クライマックス」エンジンを搭載した『スポーツ4-4』モデルが、レース用に製作された。1938年、ワークスチューンされたモーガン4-4がルマン24時間耐久レースに参戦し、総合13位で完走した。

モーガンとクリストファー・ローレンスは1962年、ルマン24時間耐久レースに、『プラス4スーパースポーツ』で参戦し、2リットルクラスで優勝した。ローレンスとシェパード・バロンがドライブしたプラス4スーパースポーツ(登録番号TOK258)は、平均速度151.3km/hでおよそ3640kmを走破した。ドライバーの交替、燃料の補給、ピットロードでの調整に要した32分を除けば、実際の平均速度は156.1km/h。レース後、プラス4スーパースポーツは公道を自走して、英国に戻ったというエピソードも残る。

モーガン・プラス4「LM62」モーガン・プラス4「LM62」

◆ルマン優勝マシンに敬意を示した特別装備

プラス4のLM62では、ボディカラーにルマンに参戦したプラス4スーパースポーツと同イメージのジェットグリーンと、当時のモータースポーツ向けモーガン車で人気のテルトルルージュを設定した。レーシングカーと同じように、ヘリテージホワイトのハードトップが標準装備された。このヘリテージホワイトのハードトップは、プラス4で初めて装着可能になった。

ルマンで勝利を収めたプラス4スーパースポーツに敬意を表して、「LM62グラフィックパック」を用意した。これには、車体側面のゼッケンナンバー「29」、LM62のリアエンブレム、銀色のワイヤーホイール、ルマンスタイルの燃料フィラーキャップ、ドーム型のリアパネルが含まれている。

ドライビングライト、ボディ同色Aピラー、ブラック仕上げのスプリッターとカウルメッシュ、モヘアサイドスクリーン、テールパイプを装備した。磨かれたストーンガード、LM62ロゴが刺繍されたサイドスクリーンバッグ、スポーツエキゾーストも採用している。

インテリアには、限定車を示すシリアルナンバープレートを装着する。ヘッドレストなどには、1962年のルマン24時間の文字を添えた。ブラックのビニールエッジ、塗装されたステアリングホイールセンター、タウニーウッドのセンタートンネルトップとダッシュボード、特注のサテンラッカーラバーマットも標準装備した。オプションで、ソフトトップフード、「Moto-Lita」のステアリングホイール、ヘッドライトテープ、クロームインテリアを含む「LM62アクセサリーパック」が選択できる。

モーガン・プラス4「LM62」モーガン・プラス4「LM62」

◆BMW製の2.0リットル直4ターボは最大出力258ps

2020年春に発表された現行のプラス4は、モーガンで最も人気の高いモデルだ。BMW製の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力258ps、最大トルク40.8kgmを引き出す。乾燥重量はおよそ1トン。動力性能は8速ATが0~100km/h加速4.8秒、最高速は240km/h。6速MTは最大トルクが35.7kgm となり、0~100km/h加速は5.2秒だ。

ソフトトップを新設計した。これは、使いやすさ、耐候性、洗練性を向上させるのが狙い。改良されたフレーム構造によって、フードレールファスナーを廃止し、ドアとサイドスクリーン周りの剛性も強化した。これらの変更により、ソフトトップの開閉速度を含めた操作性、キャビンの遮音性、耐候性が改善されているという。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】軽の受賞は史上初、EV『日産サクラ/三菱eKクロスEV』が大賞…輸入車はヒョンデに
  2. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  3. メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ
  4. マツダ6、 誕生20周年記念の特別仕様車を追加…ディーゼルエンジンの出力も向上
  5. 【マツダ6 改良新型】20年の歴史と伝統、マツダのクルマづくりを変えたフラッグシップモデル
  6. トヨタの新世代EV「bZ」、第3弾は小型SUV…コンセプトカーの新写真
  7. 幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ
  8. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に、「プラーガ」の新型ハイパーカー[詳細写真]
  9. 変速の演出が上手いシビック e:HEV…桂伸一【日本カーオブザイヤー2022-2023】
  10. ホンダの新型コンパクトSUV『WR-V』、生産開始…インドネシア
ランキングをもっと見る