ランボルギーニ初のオフロード・スーパーカー『ステラート』、まさかの市販化へ

ランボルギーニ ウラカン ステラートのプロトタイプ(スクープ写真)
ランボルギーニ ウラカン ステラートのプロトタイプ(スクープ写真)全 20 枚

ランボルギーニ『ウラカン』がオフロード仕様に!? 2019年6月に発表したコンセプトカー『ウラカン ステラート』が現実のものとなりそうだ。走行テストをおこなう実車を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

ウラカン ステラートは、『ウラカンEVO』をベースにしたミッドシップ・オフロードモデルで、SUV『ウルス』のDNAを受け継ぎ、ブームの兆しを見せるハイライディング市場に投入される。ウルスはブランド初の量産スーパーSUVだが、ステラートは初のハイライディング・オフロード・スーパーカーと言えそうだ。ランボルギーニは2022年に4台の新型車を公開することを発表したばかりだが、ステラートはその1台となる。

ランボルギーニ ウラカン ステラート コンセプトランボルギーニ ウラカン ステラート コンセプト

コンセプトモデルでは、ウラカンEVOの車高を47mmリフトアップし、30mm拡大したトレッドには20インチのホイールを収める。より高いサイドウォールタイヤを採用することでオフロードの厳しい路面にも対応する。アンダーボディ、フロントフレーム、サイドスカートなどボディの至るところに補強を加え、衝撃に耐える。またAWDはトルクベクタリングだけでなく「LDS」(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)、「LAWS」(ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)も搭載する。

発表当時、ステラートは市販化が見込まれていなかったが、プロトタイプがテストを開始したことから、市販化が確定したと言っていいだろう。比較的カモフラージュが軽いプロトタイプは、コンセプトモデルのような大袈裟なオーバーフェンダーは見られないが、明らかに通常より高い最低地上高を持つ。ボンネットにライトバーを装着、フロントスキッドプレートとルーフレールも見てとれるほか、ルーフにはデュアルエアスクープも装備されている。さらにサイドスカートはアルミニウムで補強が施されているようだ。

ランボルギーニ ウラカン ステラートのプロトタイプ(スクープ写真)ランボルギーニ ウラカン ステラートのプロトタイプ(スクープ写真)

予想されるパワートレインは、自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンの搭載だ。最高出力は640hp程度となるだろう。市販型の価格は24万ユーロ(約3100万円)で、500~1000台の限定モデルとなることも予想される。

世界のハイブランドでは、現在ポルシェがオフロード仕様の『911サファリ』を開発しており、高級クロスオーバーSUVに続いてハイライディング市場が熱くなりそうだ。

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブデートでイヤだと思ったこと1位…相手に対する思いやりが必要ですね
  2. 日本にはないはず、いすゞ MU-X が横浜に…人とくるまのテクノロジー2022
  3. メルセデスベンツ、『A&Bクラス』を再編へ…次世代モデルは4車種に集約
  4. 【ルノー アルカナ 新型試乗】ルノーが本格的なHEVを開発した理由…渡辺敏史
  5. ジャンボフェリー新造船、浮かぶリゾート「あおい」…小豆島に就航 10月
  6. [2022年自動車税]お得なキャンペーン…au PAY・FamiPay・ペイジー
  7. 【日産 サクラ】は戦略価格ではない:軽EVは儲からないは過去のこと
  8. スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ
  9. 【スバル WRX S4】パフォーマンスだけじゃない、「スバルらしさ」求めたスポーツセダン[詳細写真]
  10. [カーオーディオ“なぜ?”]車内を“うるさい”と感じるドライバーが増えている
ランキングをもっと見る