日産のミドルセダン『アルティマ』、VCターボ搭載…米2023年型[詳細写真]

日産 アルティマ の2023年モデル
日産 アルティマ の2023年モデル全 20 枚

日産自動車の米国部門は6月9日、『アルティマ』(Nissan Altima)の2023年モデルを発表した。今秋、米国市場で発売される予定で、フロントマスクを中心にデザインを一新している。

フロントには、従来型よりもワイドになった新しい「Vモーショングリル」を採用し、大胆に変身した。日産の新たなブランドロゴも配される。標準のLEDヘッドライトには、デイタイムランニングライトとウインカーが組み込まれた。リアは、テールライトのデザインが新しい。インテリアでは、従来の8.0インチディスプレイを、新設計の12.3インチディスプレイに置き換えた。高解像度ディスプレイは、鮮明な画像とグラフィックを実現するという。

パワートレインには、ダウンサイズの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VCターボ」エンジンを、「SR」グレードのFF仕様車に搭載する。最大出力は248hp、最大トルクは37.7kgmを引き出す。このダウンサイズエンジンが、先代に搭載していた3.5リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンを置き換えた。このパワートレインは、量産エンジンとしては世界初の可変圧縮比エンジンだ。可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させるマルチリンクシステムを活用しており、最適な圧縮比に素早く変化する特徴を備えている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  6. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  7. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  8. 水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
ランキングをもっと見る