メルセデスAMG『SL』、電動モデル第2弾はPHEVの「SL53」か?

メルセデスAMG SL53 スクープ写真
メルセデスAMG SL53 スクープ写真全 11 枚

2021年10月に登場した新型メルセデスAMG『SL』に、PHEVモデルが設定されることが判明した。スクープサイト「Spyder7」がプロトタイプ車両の姿を捉えた。

SLはこのフルモデルチェンジを機に、ハイパフォーマンスブランドであるAMGの専用モデルとなった。デビュー当初は4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する『SL55 4MATIC+』のみを設定。2022年4月には、SL初の電動モデルとなる『SL43』を設定、パワートレインは2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載、最高出力381psを発揮する。

メルセデスAMG SL53 スクープ写真メルセデスAMG SL53 スクープ写真

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌード状態だ。フロントバンパーには、「SL43」と差別化されたメタリック仕上げの台形エアインテークを配置、その両サイドには「SL43」より大型の給気口が確認できる。またパナメリカーナグリルの向かって右には「AMG」のロゴも見える。

足回りには5対のスポークを備えたホイールが装着されているが、これはAMGブランドのものではないため、テスト用と思われる。リアにはクワッドエキゾーストパイプを装着。右テールライト下にある黒いテープは、充電口を隠していると思われる。

このPHEV版SLの正式な車名は不明だが、「SL53」という名が有力候補となっており、「SL55」と「SL43」の間を埋めるモデルとなる可能性がある。

メルセデスAMG SL53 スクープ写真メルセデスAMG SL53 スクープ写真

パワートレインも断定はできないが、SL43の2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンに高出力モーターを組み合わせるものと思われる。

また、今回のモデルとは別に、最強モデル「SL63」が計画されており、こちらは4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、モーターと組み合わせることで最高出力は800psオーバーとも噂される。

いずれにせよ、メルセデスベンツを代表するスポーツモデルにも電動化の波が押し寄せていることは間違いない。PHEVとなるSL53のワールドプレミアは、2022年秋ごろと予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  2. 【アルピーヌ A110 GT 新型試乗】1000km走ってわかったエブリデイ・スポーツカーとしての実力とは…南陽一浩
  3. 子供部屋のようなワクワク感:カトーモーター『ブルームーンEX』…横浜キャンピングカーショー2022
  4. こだわり詰まった外装モディファイ、カウンタックに注目 ~A-MESSE~
  5. レアな日産車などが集結…アリオ上田「秋のクラシックカー展示会」
  6. ポップで可愛いムーヴキャンバスが会場の注目を集める! ~A-MESSE~
  7. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  8. 【日産 エクストレイル 新型】10度以上も涼しいテント? 遊びの幅を広げる純正カスタマイズ[詳細写真]
  9. プジョー『3008』次世代型、シトロエンのコスプレでテスト走行? 2023年登場か
  10. 【ホンダ ステップワゴン 新型試乗】シフト操作はそろそろユニバーサルデザインにすべきだ…中村孝仁
ランキングをもっと見る