RS が復活、ホンダ フィット 改良型をウェブサイトで先行公開

ホンダ・フィット e:HEV RS
ホンダ・フィット e:HEV RS全 8 枚

ホンダフィット』に、走りにこだわった「RS」(アールエス)グレードが復活する! ホンダは8月5日、この秋にマイナーモデルチェンジを予定しているフィットに関する情報を、ウェブサイトで先行公開した。

今回のマイナーモデルチェンジでは、ライフスタイルやライフステージに合わせて選択できるフィットのコンセプトはそのままに、「BASIC」、「HOME」、「LUXE」の各仕様はより端正なデザインとし、「CROSSTAR」仕様はよりクロスオーバーらしさを強調したデザインとした。従来の「NESS」はドロップ。

また、スポーティなデザインと走りの質にこだわった、RSを新たに設定する。「RS」はホンダのいくつかのモデルに設定されているスポーツグレード名で、フィットにも2代目の当初(2007年10月)から設定されていたが、現行世代へのフルモデルチェンジでは設定がなく、2年半を空けての復活となった。

新設定となるRSには、専用のフロントグリルや前後バンパー、リアスポイラーを採用するなど、スポーティな印象を演出した。また、RSのe:HEVには、減速セレクター、ドライブモードスイッチを専用装備とすることで、走りのこだわりにも応えた。

マイナーチェンジで、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」は、モーターの出力がアップし、アクセルの応答性も向上しているという。

歴代フィットは、日常の様々なシーンで快適に車を使うために、必要な安全性能や使い勝手を追求してきた。ホンダによると従来型は、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、広い室内空間、心地よい視界、使い勝手の良さが好評だという。

ホンダ・フィット e:HEV RSホンダ・フィット e:HEV RS

《高木啓》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 新型車記事ランキング、1位は次期型ハイエース、市販の上位は? 2022年上期
  2. 映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催
  3. プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ
  4. 純正スピーカーのままで音を良くするには?[スピーカーの鳴らし方・大研究]
  5. 「サーファーにもぴったり!」サーフ系Youtuber「KANAN」が、三菱『アウトランダー PHEV』で夏をさすらうPR
  6. 【スバル レヴォーグ STI スポーツR 新型試乗】最上級の2.4Lは、その真価を発揮できるのか…中村孝仁
  7. 『ハイエース』19年ぶりのモデルチェンジへ! キャブオーバーは継承、200系との併売も?
  8. ポルシェ『718ボクスター』最強モデルのルーフがついに開いた!浮かぶ「ヴァイザッハ」の文字
  9. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  10. 年内登場か?最強の『GLC』、メルセデスAMG「GLC 63クーペ」内外装をスクープ
ランキングをもっと見る