映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催

FUELFEST / 富士スピードウェイ
FUELFEST / 富士スピードウェイ全 88 枚

世界最大級のカーフェス『FUELFEST』が8月11日、富士スピードウェイで日本初開催した。

FUELFESTとは映画「ワイルド・スピード」シリーズのブライアンを演じていた故ポール・ウォーカーの弟であるコディ・ウォーカーと、友人でシリーズにも出演するタイリース・ギブソンが立ち上げたカーフェスだ。

ワイルド・スピードシリーズでハン役を演じるサン・カン氏、日本でも大人気だワイルド・スピードシリーズでハン役を演じるサン・カン氏、日本でも大人気だ

最大の注目はワイルド・スピードシリーズに出演するキャストの来日だろう。今回はシリーズで人気役の1人、ファンの声援によってカムバックしたハンを演じるサン・カンと、コディ、タイリースの3名が来日を予定していた。しかしタイリースは空港の検疫で来日が急遽キャンセルとなり、サン・カンとコディが富士スピードウェイへやってきた。

ポールの弟コディ・ウォーカー氏もワイスピファミリーとして欠かせない人物ポールの弟コディ・ウォーカー氏もワイスピファミリーとして欠かせない人物

2人はひとたび会場に顔を出すと絶え間なくファンサービスを行っており、プログラムの間にもサイン会の開催や写真撮影など、日本のファンとの交流を積極的に楽しんだ。

FUELFEST / 富士スピードウェイFUELFEST / 富士スピードウェイ

そして世界最大級というだけに、開催されるコンテンツの量も半端ではない。サーキットでは走行イベントやライブパフォーマンスが開催され、会場内にはチューニングカー、エキゾチックカー、パフォーマンスカー、スーパーカーが集結。フィナーレを飾る約1000台のFUELFEST参加車両によるパレードランは参加台数も相まって圧巻であった。

オレンジが特徴的なトヨタ『GRスープラ』はハンが駆る本物の劇中車、撮影で使用されたバーがリヤに溶接されているオレンジが特徴的なトヨタ『GRスープラ』はハンが駆る本物の劇中車、撮影で使用されたバーがリヤに溶接されている

展示車両の中でも注目を集めていたのは、やはりワイルド・スピードシリーズに登場する劇中車(一部レプリカ)だろう。第8作のアイスブレイクに登場し、ジェットエンジンを後部に積んだ仕様の『アイス・チャージャー』、そして最新作ジェットブレイクに登場したハンの駆るトヨタ『GR スープラ』の2台は、多くの人が足を止めて記念撮影などを楽しんでいた。

次回開催は、同じく来年8月に富士スピードウェイで予定されているとのこと。今後のFUELFESTに注目したい。

FUELFEST / 富士スピードウェイFUELFEST / 富士スピードウェイ

《後藤竜甫》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. ケータハム『セブン』に2つの新型車、スズキ製ターボエンジン搭載車も…欧州発表
ランキングをもっと見る