ミズノがドライビングシューズ市場に本格参入、日常でも履ける一足、9月20日発売

ミズノが販売するドライビングシューズの第一弾『BARECLUTCH』
ミズノが販売するドライビングシューズの第一弾『BARECLUTCH』全 7 枚

ミズノはドライビングシューズ市場に参入し、第1弾「BARECLUTCH(ベアクラッチ)」をミズノ公式オンラインおよび一部のミズノ品取扱店で9月20日より発売する。

ミズノは、仕事やプライベートでのより快適なクルマの運転ニーズを探るため、2021年7月にドライビングシューズのテストマーケティングを実施。自動車メーカーのマツダとともに共同開発をおこない、MAKUAKEで限定販売したところ、約4万円という価格だったにもかかわらず即完売し、追加生産もおこなった。

その結果を踏まえ、ドライビングシューズ事業を新たにスタートする。第1弾となる「BARECLUTCH」は、スポーツシューズの知見を生かしながら自動車メーカーと共同開発したソールを採用。クルマの運転時に求められる快適なペダル操作性と、日常履きに求められるクッション性などを実現している。

かかとの安定感と軽快なペダル操作を追求した『ラウンドソール』かかとの安定感と軽快なペダル操作を追求した『ラウンドソール』

従来のドライビングシューズに見られる薄く硬いソールは、歩行などの日常的な使用が難しいという課題があった。BARECLUTCHのソール部にはクッション性を確保しながらも、トレーニングシューズ開発で培った情報伝達技術を活用した足裏の感度を高める「MIZUNO COB」を採用する。足裏と接するミッドソールの上面にアウトソールの凹凸と連動する凹凸構造を配し、アウトソールから入力される情報を足裏により正確に伝達。日常履きに使える快適さを持ちながら、運転時にはダイレクトなペダルフィールを提供する。

アウトソールには、床面への足の接地を安定させる「ラウンドソール」を採用。アウトソールのかかと部分に丸みを持たせアッパーの側面部、後方部まで巻き上げることで、床面との接地面積を増やしている。その結果、かかと部分を軸に足を前後左右に動かしやすくなるため、安定したペダル踏み込み操作とスムーズな踏みかえ操作を追求している。

BARECLUTCH(ブラック)BARECLUTCH(ブラック)

アッパー素材には、上質で柔らかい人工皮革を採用。足全体をやさしく包み込むことで運転時、歩行時の足へのフィット感を高めている。また、スタイリッシュなデザインで、さまざまなシーンに合わせて着用できる。

サイズは24.5cmから28.0cm(EE)、カラーはホワイト、ブラック、ネイビーの3色を用意する。価格はオープン。年販目標は6000足。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  10. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
ランキングをもっと見る