メルセデスAMG、新型「C63」は680馬力…電動ターボのPHEVに

メルセデスAMG C63 S E パフォーマンス・セダン
メルセデスAMG C63 S E パフォーマンス・セダン全 3 枚

メルセデスAMGは9月21日、『C63 S E パフォーマンス・セダン』(Mercedes-AMG C 63 S E PERFORMANCE SEDAN)を欧州で発表した。

同車は、新型メルセデスベンツ『Cクラスセダン』がベースで、高性能なメルセデスAMGの頂点に立つ「63」モデルだ。モデル名の「E パフォーマンス」は、メルセデスAMGの新たな電動化テクノロジーを意味する。

排気量2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンを、フロントに搭載する。従来型の4.0リットルV8から、排気量、気筒数ともに半減した。新エンジンには、量産車初の電動ターボチャージャーが装着され、最大出力476hp/6750rpm、最大トルク55.6kgm/5250~5500rpmを引き出す。リアアクスルには、最大出力204hpの電気モーターを搭載。プラグインハイブリッド(PHEV)システム全体で、680hpのパワーと104kgmのトルクを獲得する。0~100km/h加速は3.4秒、最高速は250km/h。オプションでリミッターが280km/hに引き上げられる。


《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【テスラ モデルY 買いました 10】“足”としてのクルマにしては快適すぎる
  2. 日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化
  3. タウンエーストラックがキャンピングカーに変身、脱着できるシェル発売
  4. 【トヨタ クラウン RS】名実ともに「フラッグシップ」、最上級に相応しい新ハイブリッド[詳細画像]
  5. 【ルノー カングー 海外試乗】ディーゼル×6MTのカングーには、効率だけではない価値がある…南陽一浩
  6. 長い納期ランキング…エクストレイルが受注停止、ヴェゼルが危ない
  7. BMW『1シリーズ』最強の「M135」、Mパフォーマンスパーツ装着…エッセンモーターショー2022出展へ
  8. 日産 セレナ 新型が登場! 6年ぶりとなるモデルチェンジの内容とは…土曜ニュースランキング
  9. 【トヨタ GRカローラ】「RZ」は525万円、「モリゾウエディション」は715万円!台数限定で抽選受付を開始
  10. 三菱電機の自動車部品製造工場、国際規格の認証取り消し
ランキングをもっと見る