メルセデスAMG「C63」新型、ワゴンも発表…新電動化技術「E パフォーマンス」搭載

メルセデスAMG C63 S E パフォーマンス・ステーションワゴン
メルセデスAMG C63 S E パフォーマンス・ステーションワゴン全 3 枚

メルセデスAMGは9月21日、『C63 S E パフォーマンス・ステーションワゴン』(Mercedes-AMG C 63 S E PERFORMANCE Stationwagon)を欧州で発表した。

同車は、新型メルセデスベンツ『Cクラス・ステーションワゴン』をベースに、メルセデスAMGが高性能化を図った「63」モデル。車名の「E パフォーマンス」とは、メルセデスAMGの新たな電動化テクノロジーの搭載を意味している。

排気量2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンを、フロントに搭載する。従来型の4.0リットルV8から、排気量、気筒数ともに半減した。新エンジンには、量産車初の電動ターボチャージャーが装着され、最大出力476hp/6750rpm、最大トルク55.6kgm/5250~5500rpmを引き出す。

リアアクスルには、最大出力204hpの電気モーターを搭載。プラグインハイブリッド(PHEV)システム全体で、680hpのパワーと104kgmのトルクを発生する。0~100km/h加速は3.4秒、最高速は250km/h。オプションでリミッターを270km/hに引き上げられることが可能だ。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. 【シトロエン C5 X 新型試乗】未だ見ぬPHEVへの期待が高まる好感度…九島辰也
ランキングをもっと見る