フォード ブロンコ 新型に最強オフロード仕様「ラプター」…デトロイトモーターショー2022

全幅はおよそ250mmワイド化

高性能オフロード向けサスペンションをさらに強化

3.0リットルV6ツインターボは最大出力400hp以上

フォード・ブロンコ・ラプター(デトロイトモーターショー2022)
フォード・ブロンコ・ラプター(デトロイトモーターショー2022)全 10 枚

フォードモーターは9月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2022に、新型フォード『ブロンコ』の高性能モデル「ブロンコ・ラプター」(Ford Bronco Raptor)を出展した。

ブロンコは、フォードブランド伝統のオフロードモデルだ。ブロンコは、1992年から1996年まで販売された第5世代を最後に、生産を終了した。フォードブランドは2020年7月、24年ぶりにブロンコを復活させた。

ラプターは、フォードの高性能モデルにつけられるサブブセンドだ。これまでに、主力のフルサイズピックアップトラックの『F-150』などに、ラプターが設定されてきた。ブロンコにラプターが用意されるのは、今回が初めてとなる。

◆全幅はおよそ250mmワイド化

フォード・ブロンコ・ラプターフォード・ブロンコ・ラプター

ブロンコ・ラプターは、高性能モデルらしい専用のエクステリアとした。「フォードパフォーマンス」製のスチール製フロントバンパーには、牽引フックやオフロードでのクリアランスを高めるための脱着式バンパーエンドカバー、LEDフォグランプ、オフロードランプを装備する。

ボンネットは成形コンパウンド製。ボンネットの左右にあるラプターのロゴは、ツインターボのパワーを誇示している。ベース車両の新型ブロンコの特許取得済みの「オフロードモジュラーデザイン」を活用し、フロントとリアクォーターパネル、フェンダー、フェンダーフレアなどを専用パーツに変更した。フェンダーは拡幅されており、全幅はおよそ250mmワイドになった。

フルデジタルの12インチクラスターには、専用のパフォーマンスビューを追加した。スワイプ機能を備えた12インチのタッチスクリーン付きの「SYNC4」、インフォメーションオンデマンドパネル、強化された音声認識を含めたハイパッケージが標準装備された。360度の表示機能を備えたカメラも採用している。

◆高性能オフロード向けサスペンションをさらに強化

フォード・ブロンコ・ラプターフォード・ブロンコ・ラプター

ブロンコ・ラプターでは、オフロードでのパフォーマンスが重視されている。高速で砂漠を駆け抜ける場合でも、走行安定性を実現するために、サスペンションのストロークやトレッドが拡大された。新開発のショックタワーを備えた高強度のスチール製フレームも採用している。

強固なバッシュプレートとスキッドプレートが、車体下回りのフロントバンパーからエンジン、トランスミッション、トランスファーケースへと続いており、下回りを保護する。BピラークロスバーとCピラーの補強により、ベース車両の新型ブロンコの4ドアモデルに比べて、車体のねじり剛性は50%以上向上しているという。

アップグレードされた前後アクスルは、ベース車両よりもトレッドをおよそ218mm拡大。大径化されたドライブシャフトは、増加したトルクに対応する。最低地上高はおよそ333mmで、およそ122mm引き上げられた。

3種類のモードを備えた4WDシステムには、大容量のクラッチを採用した。トランスファーケースも強化する。FOXと協力して、ライブバルブテクノロジーを備えた高性能オフロード向けサスペンション「HOSS」システムをアップグレード。サスペンションなどのセンサーは、毎秒数百回独立して路面状態をモニターし、それに応じてサスペンションを調整する。BFグッドリッチ製のタイヤは、米国で生産されているSUVの中で最大サイズの「37x12.50R17LT」を装着している。

◆3.0リットルV6ツインターボは最大出力400hp以上

フォード・ブロンコ・ラプターフォード・ブロンコ・ラプター

ブロンコ・ラプターには、最大出力400hpを超える専用チューンの3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボ「EcoBoost」エンジンを搭載する。砂漠の高い気温に耐えるように設計されたインタークーラーとエア誘導システムを備えており、史上最も強力なブロンコになるという。

トランスミッションは、強化された10速ATの「SelectShift」を組み合わせた。ブロンコ初のアクティブバルブテクノロジーを採用したデュアルエキゾーストシステムは、等長パイプを使用して排気音を追求する。このシステムにより、ドライバーは、ノーマル、スポーツ、クワイエット、バハを含む4つの排気モードが選択できる。

ブロンコ・ラプターには、あらゆる地形を通過することを目指して、「Modes Terrain Management System」を搭載する。選択できる7つの走行モードには、ターボアンチラグキャリブレーションを作動させて、高速での砂漠走行でのパフォーマンスを引き上げるバハモードがある。牽引性能も向上。トレイルコントロール、トレイルターンアシスト、トレイルワンペダルドライビングも採用されている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  8. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  9. 【シトロエン C5 X 新型試乗】未だ見ぬPHEVへの期待が高まる好感度…九島辰也
  10. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
ランキングをもっと見る