メルセデスベンツ Aクラス 改良新型、PHEVが性能向上…欧州発表

メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」
メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」全 3 枚

メルセデスベンツは10月5日、コンパクトハッチバックの『Aクラス』(Mercedes-Benz A-Class)の改良新型を欧州で発表した。プラグインハイブリッド車(PHEV)の「A250e」グレードが性能を向上させている。

A250eのPHEVパワートレインは、エンジンが直噴1.3リットル(1332cc)の直列4気筒ガソリンターボだ。改良新型では、最大出力を160hpから163hpに、最大トルクを25.5kgmから27.5kgmに引き上げた。モーターは最大出力が102hpから109hpに向上。最大トルクは30.6kgmに据え置いた。

メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」メルセデスベンツ Aクラス 改良新型の「A250e」

PHEVシステム全体では、218hpのパワーと45.9kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0~100km/h加速が7.4秒、最高速は225km/hに到達する。バッテリー(二次電池)は、蓄電容量15.6kWhのリチウムイオンだ。EVモードでは、最大81km(WLTPサイクル)をゼロエミッション走行できる。

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ
  2. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  3. ホンダ、新型軽商用EVを2024年春に発売…目標価格は100万円台、N-VANがベース
  4. 862馬力のスバルワゴン、「レオーネ」が激走…『ジムカーナ』最新作公開
  5. 【スバル インプレッサ e-BOXER 300km試乗】そんじょそこらのMHEVとは違う、はずなのに…井元康一郎
  6. 【スバル クロストレック 新型】駆け足で登山するイメージ…デザイナー[インタビュー]
  7. トヨタ プリウス PHEV 新型、EVモードは69kmに…欧州仕様
  8. 気分良く長距離を走るため…スバル レガシィアウトバック 後編[カーオーディオ ニューカマー]
  9. ユーザーの希望! FUJITSUBOが絶版となった旧車のマフラーを復刻
  10. 【ホンダ ホーク11 vs ヤマハ XSR900】最後は見た目で決めるしかない!? 話題のネオクラ2台を徹底比較
ランキングをもっと見る