◆終了◆10/28【連続セミナー】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.12 ホンダ

◆終了◆10/28【連続セミナー】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.12 ホンダ
◆終了◆10/28【連続セミナー】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.12 ホンダ全 1 枚

株式会社イードは、【連続セミナー】中西孝樹の自動車・モビリティ産業インサイトvol.12 ホンダを10月28日(金)に開催します。プレミアム会員は無料、プレミアム会員以外の方は参加費24,750円となります。開催前日の夕刻に視聴のためのご案内をお送りいたします。



交通事故から解放された自由な移動の喜び:安全な自動運転レベル3の実現とさらなる進化

ゲスト講師

杉本 洋一 氏
(株)本田技術研究所 先進技術研究所 知能化研究ドメイン統括 兼
AD/ADAS研究開発室 エグゼクティブチーフエンジニア



本セミナーは、ナカニシ自動車産業リサーチ 代表 アナリストの中西孝樹氏がモデレートする90分のオンラインセミナーです。毎月1回、OEMよりゲストスピーカーを招いてゲストの講演、対談、質疑応答を行い、各社のCASE関連の取組みの今とこれからを聴き出していきます。(ゲスト講演約60分、対談や参加者からの質疑応答約30分)

------------------------------------------------------------------
開催日時:2022年10月28日(金)16:00~17:30
申込締切:2022年10月26日(水) 12:00
主催:株式会社イード
参加費:1名につき24,750円(プレミアム会員は無料)
------------------------------------------------------------------

第12回目のゲストは、(株)本田技術研究所 先進技術研究所 知能化研究ドメイン統括 兼 AD/ADAS研究開発室 エグゼクティブチーフエンジニア 杉本 洋一 氏

「交通事故から解放された自由な移動の喜び:安全な自動運転レベル3の実現とさらなる進化」をテーマに講演いただきます。

ホンダは2050年に全世界に於いて交通事故死者ゼロを達成することを目指している。安全を最重要課題として取り組むと同時に、安全運転支援と自動運転の進化によって、全ての人に自由な移動の喜びを提供して行く。本講演では、2021年に世界で初めて実現した自動運転レベル3について、システムの機能と主要構成技術、実用化に当たって最大の課題であった安全性の確立について解説する。さらに、今後の進化に向けた、「危険に近づかない予知予測」と「互いに分かり合える協調行動」を実現する協調人工知能技術の取り組みについて紹介する。

1.交通事故ゼロ社会に向けた取り組み
2.自動運転へのアプローチ
3.自動運転レベル3実用化にあたってのチャレンジ
4.AI技術活用による さらなる進化
5.対談・質疑応答

インタビュー:安全な自動運転レベル3の実現とさらなる進化

プロフィール

杉本 洋一 氏
1986年 (株)本田技術研究所 入社
ABSに関する研究開発に従事。以来、主にブレーキ制御技術の研究開発に携わり、電子制御制動力配分システム(EBD)を実用化。その後、予防安全/運転支援技術の研究に従事、世界初の追突軽減ブレーキ(CMBS)の実用化に携わる。
2012年 Honda R&D Americas 赴任、ITS領域の先行研究を担当。
2015年 (株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター帰任、上席研究員として予防安全/運転支援/自動運転領域の技術を担当。
2019年 (株)本田技術研究所 先進技術研究所 所属 上席研究員
2020年 知能化研究ドメイン統括 兼 AD/ADAS研究開発室所属 エグゼクティブチーフエンジニア
レベル3自動運転システムの開発を先導、2021年3月世界初の実用化
2016年より内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転 サブPD(Program Director)

中西 孝樹 氏
1962年生まれ。オレゴン大学卒。山一證券、メリルリンチ証券等を経由し、JPモルガン証券東京支店株式調査部長、アライアンス・バーンスタインのグロース株式調査部長を歴任。現在は、ナカニシ自動車産業リサーチ代表アナリスト。国内外のアナリストランキングで6年連続第1位など不動の地位を保った自動車アナリスト。近著に「自動車新常態」(日経BP社)「CASE革命2030年の自動車産業」(日経新聞出版社)がある。

主催

株式会社イード

オンラインセミナー概要

・Microsoft Teamsを使用したライブ配信です。アカウント無でもPC、タブレット、スマホなどから視聴可能です。
・セミナー中は音声での会話はできません。webで質問を記入して講師に質問ができます。
・開催前日の夕刻にお申込いただいたメールアドレス宛に視聴用のURL、PDF資料、質問記入先をお送りいたします。

注意事項

・オンラインセミナーは、インターネット経由でのライブ中継ですので、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があり、また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。
・万が一、インターネット回線状況や設備機材の不具合により、開催を中止する場合があります。この場合、受講料の返金や、状況により後日録画を提供すること等で対応させていただきます。
・参加費は1名につき24,750円(税込)です。複数名で視聴する場合は視聴する人数分のお申込が必要です。

連絡先

お問い合わせはこちらから



《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ダイハツ『ミライース』新型は5月登場か!? 背高ボディで居住性アップ!電動化もあり?
  2. “何にも似てない”北欧生まれの電動バイクが日本上陸、課題は「タイヤと価格」?
  3. トヨタの新型3列シートSUV『グランドハイランダー』、「ハイブリッドMAX」は362馬力…米国発表
  4. VWの大型SUV『アトラス』、改良新型発表へ…シカゴモーターショー2023
  5. スバル『クロストレック』新型に「スポーツ」、ティザー写真公開…シカゴモーターショー2023で実車発表へ
  6. 【トヨタ プリウス 新型試乗】カーデザインは機能を満たさなければ意味をなさない…御堀直嗣
  7. シトロエン ベルランゴ ロングにプチ試乗、大柄ボディでも予想外の乗りやすさ
  8. ボルボ、小型BEVを2023年内に日本市場投入へ 若年層へアピール
  9. トヨタ クラウン 新型、340馬力「HYBRID MAX」設定…シカゴモーターショー2023出展へ
  10. 友達と釣りに行ける範囲が広がる! 女性オートキャンパーに聞いた…ジャパンキャンピングカーショー2023
ランキングをもっと見る