後付けできるブラインドスポットモニター、リニューアルで検知精度向上

ブラインドスポットモニター BSM−300
ブラインドスポットモニター BSM−300全 6 枚

自動車パーツ開発・販売のサブロクは、車両に後付けできるブラインドスポットモニター(BSM)を大幅リニューアルし、新製品「BSM−300」を11月22日より発売する。

ブラインドスポットモニター BSM−300ブラインドスポットモニター BSM−300

BSMとは、後方の死角となるエリア内に車両やバイクの存在を検知すると、サイドミラー内インジケーターの点灯で通知するシステム。サイドミラーの死角を補う安全性向上に欠かせない仕組みとして、近年の新型車両に標準設定されつつある。

BSM−300は、死角になりやすい左右後方の指定エリア内に後続車両が入ると、バンパー内に設置したセンサーが検知。インジケーターがオレンジに点灯して危険を知らせる。新製品は新型レーダーシステムを採用。旧モデルに比べ、検知精度が格段に向上している。

ウインカー時に検知すると点滅&音で警報ウインカー時に検知すると点滅&音で警報

後方車両接近時と同様、追い抜き車両や並走車両も検出エリア内に車両が存在すると光で警告。センサー検知範囲内に後続車両がいるにも関わらず、その方向にウインカーを出した場合は、点滅と音で警報を発する。また、リヤクロストラフィックアラート機能も搭載。バックする際に横方向から接近するクルマやバイクなどを検知すると点滅と警告音で注意を促す。

新製品はピラーなどにインジケーターを設置する「汎用タイプ」と、ミラーとBSMシステムがセットになった「車種専用タイプ」を用意する。標準工賃込み参考価格は汎用タイプが9万2400円、車種専用タイプが11万3300円より。

汎用タイプ汎用タイプ

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ダイハツ『ミライース』新型は5月登場か!? 背高ボディで居住性アップ!電動化もあり?
  2. “何にも似てない”北欧生まれの電動バイクが日本上陸、課題は「タイヤと価格」?
  3. トヨタの新型3列シートSUV『グランドハイランダー』、「ハイブリッドMAX」は362馬力…米国発表
  4. VWの大型SUV『アトラス』、改良新型発表へ…シカゴモーターショー2023
  5. スバル『クロストレック』新型に「スポーツ」、ティザー写真公開…シカゴモーターショー2023で実車発表へ
  6. 【トヨタ プリウス 新型試乗】カーデザインは機能を満たさなければ意味をなさない…御堀直嗣
  7. シトロエン ベルランゴ ロングにプチ試乗、大柄ボディでも予想外の乗りやすさ
  8. トヨタ クラウン 新型、340馬力「HYBRID MAX」設定…シカゴモーターショー2023出展へ
  9. 【BMW 7シリーズ 新型試乗】存在感ハンパなし!いちいち目が点になるゴージャス装備の数々…島崎七生人
  10. ボルボ、小型BEVを2023年内に日本市場投入へ 若年層へアピール
ランキングをもっと見る