【トヨタ プリウス 新型】Reborn…新世代ハイブリッドの姿[詳細写真]

トヨタ プリウス HEV 新型
トヨタ プリウス HEV 新型全 34 枚

トヨタは11月16日、シリーズ5代目となる新型『プリウス』を世界初公開した。シリーズパラレルハイブリッド車「HEV」は今冬、プラグインハイブリッド車「PHEV」は2023年春頃の発売予定となっている。

ラテン語の「開拓者」に由来した名を持ち、1997年に世界初の量産ハイブリッド車として登場したプリウス。25年の時を経てHEVの普及、BEVへの移行という新しい局面を迎える今、「Hybrid Reborn」というコンセプトのもと生まれ変わった新型モデルの詳細画像をお届けする。

◆お馴染みのシルエットに「19インチ」ホイールを採用

トヨタ プリウス HEV 新型トヨタ プリウス HEV 新型

「次の25年も、お客様に愛され続けるために」。ハイブリッド車としてのプリウスの価値を考え抜いた結果が、スタイリッシュなエクステリアに表れている。

プリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、低重心化や19インチ大径タイヤの採用により、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現。

トヨタ プリウス HEV 新型トヨタ プリウス HEV 新型

ハンマーヘッドをモチーフとしたヘッドライトや、新型クラウンにも似た薄型一文字のリヤコンビネーションランプは、プリウスの特徴とも呼べる「先進性」をさらに引き立てる。

◆未来的かつ落ち着いたインテリアには新機能も搭載

トヨタ プリウス HEV 新型トヨタ プリウス HEV 新型

トップクラスの環境性能はそのままに「走りのワクワク感」と「上質さ」を両立させた内装デザインが新型プリウスの特徴だ。「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより圧迫感のない、広々とした空間と運転に集中しやすいコックピットが両立され、直感的な操作でドライビングを楽しめる。

トヨタ プリウス HEV 新型トヨタ プリウス HEV 新型

車内全体は黒を基調としていながら、インストルメントパネルやシートのステッチには加飾がなされ、スポーティかつ上質な室内空間となっている。また「イルミネーション通知システム」がトヨタ車として初設定。トヨタセーフティセンスと連動して対象物を検知した際、アラームが鳴る前にイルミネーションの点滅でドライバーへへ注意を喚起する。

7年ぶりのフルモデルチェンジに大注目間違いなしの新型プリウス。現時点でPHEV車の内装デザインは未公開となっている。

《最上 佳樹》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【三菱 eKクロスEV 冬季1200km試乗】充電回数は30回!軽BEVにはあまりに厚かった「圧雪路の壁」[前編]
  2. 大きなスライドドアとスマートホーム化が特徴:ロビンソンAI…ジャパンキャンピングカーショー 2023
  3. 【マツダ ロードスター 990S 新型試乗】軽さだけが正義か? 究極のロードスターとは…中村孝仁
  4. 【株価】デンソーとアイシン、ともに通期最終益減額も明暗
  5. スズキ製エンジン積む『セブン』、初期のケータハムに着想…欧州発売
  6. 三菱 デリカミニ、事前受注が4000台 1月末まで
  7. シトロエン ベルランゴ ロングが展示イベントに登場、3列7人乗りの新導入モデルに注目集まる
  8. こんな「R34」あったっけ?まさかの『ワイスピ』カラーで登場! 2月のホットウィールは“日本推し”がスゴいPR
  9. トヨタの新型SUV、ゆとりの3列シート…『グランドハイランダー』は2月8日米国発表予定
  10. 全部自作!?「住む」ために10万円で作り上げた軽キャンパー…東京オートサロン2023[詳細画像]
ランキングをもっと見る