【トヨタ プリウス 新型】パワープラントは3車類、PHEVはHVより強力

トヨタ・プリウスPHEV
トヨタ・プリウスPHEV全 8 枚

トヨタ自動車が11月16日にプロトタイプを公開した、Cセグメントクラスのハイブリッド専用モデル、第5世代『プリウス』。注目のハイブリッドパワートレインは1997年に第1世代モデルが登場してから初めて1.8リットル、2リットルの2つの排気量のエンジンが用意され、合成最高出力も3種類となることが明らかにされた。

◆最強仕様PHEV、0-100km/h加速は6秒台

トヨタ・プリウスPHEVトヨタ・プリウスPHEV

シリーズ中、最も合成出力値が高いのは2.0リットルエンジンのみとの組み合わせとなるPHEV(プラグインハイブリッド)モデルで、ピーク出力は164kW(223ps)。もちろんプリウス史上最強である。0-100km/h加速タイムの公称値は6.7秒だが、電動車で164kWもの出力があるのだからオンロードでもそのくらいのタイムは十分に出せるだろう。

大量のバッテリーを積むPHEVはバッテリーから強力な電力を受け取ることができるため、通常のハイブリッドカー(HEV)に比べてパワー面では有利。第4世代プリウスでも開発チームの中にはせっかくのPHEVなのだから高出力仕様にしたいと考えるエンジニアが少なからずいたが、プラグインハイブリッドカーがハイブリッド燃費で通常のハイブリッドカーに負けてはいけないという考えが上層部の間で根強く、実現しなかった。PHEVが通常のHEVより高性能になったのはSUV『RAV4』が最初で、プリウスはそれに続く第2弾となる。

トヨタ・プリウスPHEVトヨタ・プリウスPHEV

◆燃費志向ユーザーは1.8HEV

非プラグインのハイブリッドは1.8リットルエンジン版と2リットルエンジン版の2本立て。1.8リットル版はおそらく第4世代の改良型で、従来からの燃費志向のユーザーを取り込む。2リットル版は最高出力144kW(トヨタは193psと併記しているが、196psの計算間違いであろう)と、現在海外版の『カローラ2.0ハイブリッド』の132kWからさらなるパワーアップが図られている。この2リットル版も0-100km/h加速8秒切りが期待できる。

トヨタ・プリウスPHEVトヨタ・プリウスPHEV

《井元康一郎》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】e-POWER用エンジンは完全新設計!弱点の高速燃費も「まだやりようはある」
  2. 取り付け直後はいい音に感じたが…スバル レガシィアウトバック 前編[カーオーディオ ニューカマー]
  3. 【日産 セレナ 新型】「家族のミニバン」進化は期待以上!? 最上級グレードの価格にも衝撃
  4. 2代目『アクア GRスポーツ』発売、新型ベースに剛性&足回りを専用チューニング
  5. アバルト初のSUV、185馬力ターボ搭載…『パルス』をブラジル発売
  6. アウディの「道路を走るプライベートジェット」、『グランドスフィア』…米デザインイベント出展へ
  7. オールシーズンタイヤが普及する可能性…住友ゴム工業に話を聞く
  8. トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km…ロサンゼルスモーターショー2022
  9. 知らずに入れたら危険! ホイールスペーサーとの上手な付き合い方~カスタムHOW TO~
  10. トヨタ アクア、オレンジなど新色追加…GRスポーツも新設定
ランキングをもっと見る